慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000004-20210029  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000004-20210029.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 19

Total downloads since Feb 16, 2024 : 19
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 体育会部員の安全性及び競技力向上に関する研究  
カナ タイイクカイ ブイン ノ アンゼンセイ オヨビ キョウギリョク コウジョウ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Taiikukai buin no anzensei oyobi kyōgiryoku kōjō ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Research on the safety and competitiveness improvement of university players  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鳥海, 崇  
カナ トリウミ, タカシ  
ローマ字 Toriumi, Takashi  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
慶應義塾大学体育研究所では2021年度よりスポーツサイエンス構想という名目で、体育会及びスポーツ医学研究センター、そして他キャンパスに所属するスポーツに関する研究・教育を行う教員・学生を有機的に結びつけ、慶應義塾におけるスポーツの研究・教育の中心となるべく環境を整えることとなった。そこで本研究では、体育研究所に所属する教員でスポーツサイエンス構想の中核となるグループを構成し、体育会部員の安全性向上(マウスガード利用の実態調査)及び競技力向上(体組成及び心理測定を通じた競技力のシーズン変化)の研究推進を目的とした。
研究内容を大きく二つに分けた。一つは体育会部員のマウスガード利用の実態調査である。口腔部周辺における受傷防止を目的としたマウスガードの利用が、体育会部員に対してどの程度浸透しているかについて、競技別に調査を実施した。二つ目は体育会部員の競技力向上の研究である。体育会部員(野球部及び剣道部)の体組成及び瞬発力を継続的に調査し、そのシーズン中の変化を調べ、競技パフォーマンスとの関連について調査を実施した。また同様に、個人種目の体育会部員 (水泳部競泳部門)の心理状態の変化を継続的に調査し、競技パフォーマンスとの関連を調べ、競技力向上のための基礎資料とした。
体育会部員の安全性向上は、大学スポーツの最重要課題である。体育会部員の競技力向上に関しては、各競技部の指導スタッフが日々指導しているが、体組成や瞬発力、心理状態の変化は、測定に設備や技術が必要となるため、主に国際大会に出場するようなトップレベルの選手のみを対象に調査研究が進められてきた。しかしながら今回、対象を大学生に広げたことで、これらの変化と学生生活との関連等について明らかにし、大学スポーツの質の向上に繋がるものと考えられる。
The Keio University Institute of Physical Education connects the sports association, the Sports Medical Research Center, and the faculty members who conduct research and education on sports belonging to other campuses from 2021. It was decided to prepare the environment as much as possible to become the center of sports research and education. Therefore, in this study, faculty members belonging to the Institute of Physical Education form a group that is the core of the sports science concept, and improve the safety of the university players and improve competitiveness (body composition and psychological research).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:52  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース