慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210102  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210102.pdf
Type :application/pdf Download
Size :111.0 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 28

Total downloads since Feb 16, 2024 : 28
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル アートの効用 : 美術鑑賞や美の感じ方がメタ認知やウェルビーイングに与える影響  
カナ アート ノ コウヨウ : ビジュツ カンショウ ヤ ビ ノ カンジカタ ガ メタ ニンチ ヤ ウェルビーイング ニ アタエル エイキョウ  
ローマ字 Āto no kōyō : bijutsu kanshō ya bi no kanjikata ga meta ninchi ya werubīingu ni ataeru eikyō  
別タイトル
名前 The benefits of art : the influence of art appreciation and perception of beauty on metacognition and well-being  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川畑, 秀明  
カナ カワバタ, ヒデアキ  
ローマ字 Kawabata, Hideaki  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
アートの鑑賞や展示が及ぼす効用に関する研究は,健康や医療・教育・福祉・ビジネスなど,様々な領域に及び,研究がなされつつある。本研究では,アート鑑賞を題材とした実験的手法やワークショップを用いて,アートがどのようにメタ認知やウェルビーイングを高めるかを明らかにし,そのための方策について考えるために,理論的・実践的に取り組む研究を行うことを目的とした。2年計画の1年目は理論的枠組みから,2年目は実践的・実証的枠組みからアートの効用について検討することとした。今年度は,過去の研究を整理し,美術鑑賞のどのような側面がどのような精神的・身体的効用を生みうるかについて整理するとともに,教材化のためのビデオ撮影のセットアップを完成させ,美術鑑賞のための予備的教材化を行った。さらに科研費・基盤研究(B)とタイアップして,コールドプレッサー課題(冷たい水の中に手を入れて痛みに我慢できなくなり手を自ら出すまでの時間を計測する課題)に美術鑑賞中の美しさの程度が与える影響について検討し,美的評価の強度が痛みを低減させることを明らかにした(科研費からは実験参加者への謝金等を拠出)。
Research on the effects of art appreciation and exhibition has been conducted in various fields such as health, medicine, education, welfare, and business. The purpose of this study was to conduct theoretical and practical research to clarify how art enhances metacognition and wellbeing using experimental methods and workshops on the subject of art appreciation, and to consider measures to achieve this. The second-year will examine the utility of art from a practical and empirical framework. In the second year, we will examine the utility of art from a practical and empirical framework. This year, we will organize past research on what aspects of art appreciation can produce what kind of mental and physical benefits, complete the setup of video recording for teaching materials, and create preliminary teaching materials for art appreciation. Furthermore, in collaboration with Kakenhi, we examined the effect of the degree of beauty during art appreciation on the cold presser task, in which participants place their hands in cold water and measure the time until they cannot stand the pain and remove their hands themselves, and found that the intensity of aesthetic evaluation reduced pain.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:22  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:22  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース