慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210076  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210076.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 19

Total downloads since Feb 16, 2024 : 19
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル スペイン語圏の歴史的財務資料に関するマークアップ手法の構築とその拡充  
カナ スペインゴケン ノ レキシテキ ザイム シリョウ ニ カンスル マークアップ シュホウ ノ コウチク ト ソノ カクジュウ  
ローマ字 Supeingoken no rekishiteki zaimu shiryō ni kansuru mākuappu shuhō no kōchiku to sono kakujū  
別タイトル
名前 Developing TEI method for historical accounting records of early modern Iberian world  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伏見, 岳志  
カナ フシミ, タケシ  
ローマ字 Fushimi, Takeshi  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、16-18世紀のスペインおよびその植民地で作成された財務資料のうち、とくに商業に関わる帳簿類をデジタル的に記述することを目的としている。現状では、スペイン語圏の財務資料のデータなどを入力してデジタル資源として活用する試みは、個別研究にとどまり、共通の記述規則が存在しない。しかし、財務資料にはフォーマットごとに作成にルールがあり、同一の規格でデジタル化し、共有することは可能である。これが実現できれば、データを横断的に検索したり、分析することも可能である。
このような関心のもとで、3 年間かけて、財務資料の入力ルールを策定する。今年度は 3 年計画の 2 年目にあたり、前年度に策定した暫定的な共通規則にもとづいて、実際のデータ入力数を増やすことを目標にした。そのために、まず、前年度に共通ルールをつくるためのたたき台として用いた、16世紀スペイン北部ブルゴスで作成されたサラマンカ商会のデータのさらなる拡充をはかった。さらに、前年度の研究ではコンテクスト情報が不足しているために、規則化が難しいと判断されたオチョア・ペレスの帳簿のかわりに、サラマンカ商会の帳簿と共有のコンテクスト情報が多い、同時代・同都市で作成されたアルランソン商会の文書のデータ分析を進めた。
暫定的な結果として、前年度に試みたテキストエンコーディングおよびその歴史的財務資料向けの拡張形式の有用性を確認するとともに、作成者によって語順や綴りが異なるといったバラツキを記述・分析する必要性があきらかになり、次年度の課題として残された。
いっぽう、より幅広く帳簿を扱うためのコンテクスト情報に関しては、前年度にひきつづいて、天理図書館での取引および商品の語彙の確認をおこない、とくに18・19世紀以降に分析を拡張する場合には、当時の貿易に関するスペインおよびポルトガル語圏の文献の横断的な分析を継続する必要がある、との認識に至った。
The purpose of this study is to digitally describe the financial documents produced in Spain and its colonies in the Early Modern period,
especially those produced by the merchants. At present, attempts to input data from Spanish-speaking financial materials and utilize them as digital resources are limited to individual research, and there is no common rule for the description. However, financial documents were created according to the rules established for the each format, and it is possible to digitize and share them. If this can be achieved, it will be possible to search and analyze the data in wider context.
With this kind of interest, we plans to formulate rules for inputting historical financial data. This year marks his second year of his three-year plan, with the goal of increasing the actual number of data entries based on the provisional common rules developed in the previous year. To that end, we first expanded the data obtained from the ledgers of the Salamanca Company, created in Burgos, northern Spain in the 16th century, which was used as a starting point for creating common rules in the previous year. As we find the contextual information for the ledger of Ochoa Perez inadequate for text encoding by the same standard of the Salamanca Company in the previous year's research, this year, we proceeded with the data analysis of the documents from Arlanson Company prepared in the same city.
As a tentative result, we confirm the usefulness of the text encoding method and its extended format for historical financial materials, which we are developing from the previous year. But in order to describe and analyze variations such as different word orders and spellings depending on the author, we have found more sophisticated encoding needed and this part of research was left for the next year.
Regarding the context information necessary for handling more diverse ledgers, we find more efforts required to expand our knowledge on commercial vocabularies. In such purpose, we have continued the library research at the Temri Library, and have realized that the analysis of Spanish and Portuguese literature on commercial activities needs to be continued.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:11:03  
作成日
Feb 16, 2024 14:11:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース