慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200087  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200087.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.7 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 18

Total downloads since Feb 16, 2024 : 18
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「コロナ不況」下の中小企業の実態把握とポストコロナにおける中小企業の在り方の検討  
カナ 「コロナ フキョウ」カ ノ チュウショウ キギョウ ノ ジッタイ ハアク ト ポスト コロナ ニ オケル チュウショウ キギョウ ノ アリカタ ノ ケントウ  
ローマ字 "Korona fukyō" ka no chūshō kigyō no jittai haaku to posuto korona ni okeru chūshō kigyō no arikata no kentō  
別タイトル
名前 Research on the actual situation of SMEs under "COVID-19 crisis" and the SMEs in post-COVID-19  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 植田, 浩史  
カナ ウエダ, ヒロフミ  
ローマ字 Ueda, Hirofumi  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、「コロナ大不況」下での中小企業の実態をリアルタイムで把握し、不況下の中小企業の抱える課題と政策的課題を検討すると共に、ポストコロナへの展望を示すことを課題としていた。そのうえで、今年度は特に、リモートを活用した中小企業のデータ収集、可能であれば関西、東北などへの調査、調査結果の公表を行うことを計画していた。コロナの影響が計画策定時の想定よりも大きかったこともあり、出張調査はできなかったものの、データ取集、文献検討などは計画に沿った形で進めることができた。
今年度の研究から示すことができた、「コロナ大不況」下の中小企業の実態は次のとおりである。「コロナ大不況」直後の2020年前半は、突然の経済、社会、生活の変化から仕事が減少し、経営に打撃をうける中小企業が多かったものの、資金繰りの悪化は抑えられていた。中小企業の迅速な資金確保、政府や金融機関の対応が、中小企業の資金繰り悪化を回避し、リーマンショック時と比べて倒産件数、廃業件数が少ないという状況を可能にした。
しかし、2020年夏以降の第2波、第3波と「コロナ大不況」の長期化は新たな問題を中小企業に生じさせた。第1に、輸出向け製造業関連で回復が見られる一方、飲食業、宿泊業、旅行業などは依然として深刻な状況が続き、業種による差が広がっている。第2に、中小企業の余裕資金が減少し、先が見えないなかで厳しくなっている。第3に、新たな中小企業支援の政策メニューが乏しくなっている。こうした状況下で、倒産件数、廃業件数も増加を見せている。
新型コロナ感染症の終息が見えないなかで、2021年についても深刻な状況はしばらく続くと考えられ、来年度以降についても継続的な調査が必要になることが示された。
In my research, the following points were set as issues. First, I will grasp the actual situation of Japanese SMEs under "COVID-19 Crisis" and examine the issues faced by SMEs and the government's SME support measures. Second, I will clarify the outlook for Japanese SMEs in Post COVID-19. This year, the first year of the three-year plan, I planned to (1) collect data on small and medium-sized enterprises using the Internet, (2) conduct a business trip survey to the Kansai and Tohoku regions, and (3) publish the survey results. Although I was not able to conduct a business trip survey because the impact of COVID-19 was greater than expected, I was able to proceed with data collection and literature review as planned. 
What I have clarified from this year's research is as follows. Immediately after "COVID-19 Crisis", in the first half of 2020, Japanese SMEs lost their businesses due to sudden economic, social and lifestyle changes. As a result, many small and medium-sized enterprises were hit by management, but the deterioration of cash flow was avoided. Many SMEs sought to secure funds quickly, and governments and financial institutions also helped SMEs secure funds. As a result, in Japan, the number of bankruptcies and business closures was smaller than at the time of the Lehman shock. 
However, after the summer of 2020, the second and third waves arrived in Japan, and "COVID-19 Crisis" was prolonged, so SMEs faced new problems. First, although manufacturing related to exports has recovered, the food service, lodging, and travel industries continue to be in a serious situation. Second, the financial situation of SMEs is deteriorating as the recession continues. Third, no new and effective SME support measures have been taken by the government. In 2021, the number of bankruptcies and business closures has begun to increase.
It is not clear when the new coronavirus infection will end, and it is thought that "COVID-19 Crisis" will continue for a while. From next year onward, it will be necessary to continue to investigate SMEs under "COVID-19 Crisis".
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:29  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:29  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース