慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200068  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200068.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 23

Total downloads since Feb 16, 2024 : 23
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 近代フランス文学における歴史表象の美学と思想  
カナ キンダイ フランス ブンガク ニ オケル レキシ ヒョウショウ ノ ビガク ト シソウ  
ローマ字 Kindai Furansu bungaku ni okeru rekishi hyōshō no bigaku to shisō  
別タイトル
名前 Aesthetics and thought of historical representation in modern French literature  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小倉, 孝誠  
カナ オグラ, コウセイ  
ローマ字 Ogura, Kosei  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近代文学、とりわけフランス文学において、歴史を描き、語ることは重要な課題だった。フランス革命以後、多くの社会変動を経験したフランスにおいて、作家たちは歴史の意味と方向性を問いかけざるをえなかったからである。同様にして、19世紀の歴史家たちもまた、国民や国家の起源を問うことで、近代の歴史学を確立していった。その意味では近代フランスにおいて、文学(とりわけ小説ジャンル)と歴史学は、歴史の流れを読み解こうとした点で相互補完的だったことを確認できた。
個別の論考やシンポジウムで考察したのは、以下のようなテーマである。
1)少年時代からロマン主義歴史学に親しんでいた作家フロベールは、壮年期に2篇の歴史小説を著わす。『サラムボー』(1862)は古代カルタゴの内乱を主題にして、文明と野蛮の対立を語り、19世紀フランス社会の状況を彷彿させる。『感情教育』(1869)は、1848年の二月革命を物語の主要エピソードに据えて、それをフランス大革命の滑稽なパロディーとして描きだした。両作品に共通するのは、歴史の進歩という思想に対する懐疑である。この点は「文学と認識論」で詳述した。
2)エミール・ゾラは第二帝政期(1852-70)を時代背景とする一連の小説を書いた。そこに通底するのは、革命後の近代フランスは欲望と野心がぶつかり合い、さまざまな社会集団の利害が衝突するなかで社会と歴史が動いていくという、きわめてダイナミックな歴史観である。この点を『世界文学へのいざない』に収めたゾラ論で論じた。
3)最後に、現代文学の特徴は、作家たちがとくに第二次世界大戦を舞台として、独自の歴史解釈を提示する作品を発表し、他方で、歴史家のほうはそれに触発されたかのように、文学的な技法や語りの構造を援用して、歴史叙述の新たな地平を開拓していることである。その点を、仏文学会のシンポジウム「文学と歴史(学)の関係を問い直す」の発表で論じた。
In modern French literature, it is often a question of telling and representing history. France is going through a century full of social and political upheavals following the Revolution and writers claim to interpret the meaning and scope of the historical process. Nineteenth-century historians, too, question the origins of nations in establishing modern historiography. Literature and history are therefore in a complementary relationship to the extent that they both believe in the intelligibility of history.
I have tried to show how and from what perspective certain 19th and 21st century authors represented history.
1) Interested in history from his childhood, Flaubert was skeptical about the idea of progress in history in his two historical novels: Salammbô and L'Education sentimentale.
2) In his novels, the action of which takes place under the Second Empire, Émile Zola has highlighted a historical dynamism that shakes up multiple desires and ambitions.
3) Today's writers often recount World War II, and they claim to compete with historians in formulating a historical view.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:26  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース