慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190367  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190367.pdf
Type :application/pdf Download
Size :135.5 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 94

Total downloads since Dec 16, 2022 : 94
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 協創による分野統合型システムデザイン方法論による価値創造  
カナ キョウソウ ニ ヨル ブンヤ トウゴウガタ システム デザイン ホウホウロン ニ ヨル カチ ソウゾウ  
ローマ字 Kyōsō ni yoru bun'ya tōgōgata shisutemu dezain hōhōron ni yoru kachi sōzō  
別タイトル
名前 Value creation by field integrated system design methodology through collaboration  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 白坂, 成功  
カナ シラサカ, セイコウ  
ローマ字 Shirasaka, Seiko  
所属 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
新価値を創造するためには、個別の分野だけではなく、複数の分野を統合的にデザインする必要がある。本研究では、技術システム、社会システム、人間中心システムなど、統合を進めるために、非技術システムのデザインにシステムアプローチを適応するための方法論を検討・検証した。また、そのための方法論であるシステム思考とデザイン思考の統合について検討・検証をおこなった。具体的には、複数の分野を統合的にデザインし、価値創造につながえるためのアプローチとして、システム思考とデザイン思考を統合するための方法論の研究、それらを実際に人間中心システム、技術システム、社会システムなどに適用を通じて、その適応の特徴を明確にする研究、それらを実施していくためのマネジメントの研究を実施した。人間中心システムとしては、人のワクワク感や楽観性、チームワークにに焦点をあて、それらを増加するためのアプローチを見出した。また、技術システムとしては自動運転車の安全性を示すための方法論を構築した。さらに社会システムとしては、中小企業のためのオープンイノベーションのアプローチを明確した。これらの研究の成果は、SDGs のように現在、様々が課題や目指すための目標の実現に貢献する。なぜなら、これらの目標は、はこれまでような一つの専門を追求するだけでは実現が困難である。今回の研究成果は、これまでは単独で存在していた専門を統合することで、これまででは到達が困難であった目標に到達し、価値を創造すすることを可能とするものである。
In order to create new value, it is necessary to design not only individual fields but also multiple fields in an integrated manner. In this research, we examined and verified the methodology for adapting the system approach to the design of non-technical systems in order to promote integration such as technical systems, social systems, and human-centered systems. In addition, we examined and verified the integration of system thinking and design thinking, which is the methodology for that purpose. Specifically, as an approach to designing multiple fields in an integrated manner and leading to value creation, research on methodologies for integrating system thinking and design thinking, actually applying them to human-centered systems, technical systems. Through application to social systems, we conducted research to clarify the characteristics of adaptation and management research to implement them. As a human-centered system, we focused on human excitement, optimism, and teamwork, and found an approach to increase them. In addition, as a technical system, we have established a methodology to show the safety of autonomous vehicles. Furthermore, as a social system, an open innovation approach for SMEs was clarified. The results of these studies will contribute to the realization of various challenges and goals that are currently being pursued, such as the SDGs. Because these goals are difficult to achieve just by pursuing a single specialty. The results of this research will enable us to achieve goals that were previously difficult to achieve and to create value by integrating the professions that used to exist independently.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:54  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1654) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (617)
3位 Bidet toilet use... (453)
4位 731部隊と細菌戦 ... (444)
5位 新自由主義に抗す... (366)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1046) 1st
2位 インフルエンサー... (508)
3位 興味が引き起こさ... (436)
4位 酢酸エステル類の... (420)
5位 刑法における因果... (416)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース