慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190219  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190219.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.9 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 92

Total downloads since Dec 16, 2022 : 92
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 地方でのサテライトオフィスや在宅勤務が生産性、人材獲得、地域経済へ与える影響  
カナ チホウ デノ サテライト オフィス ヤ ザイタク キンム ガ セイサンセイ、ジンザイ カクトク、チイキ ケイザイ エ アタエル エイキョウ  
ローマ字 Chihō deno sateraito ofisu ya zaitaku kinmu ga seisansei, jinzai kakutoku, chiiki keizai e ataeru eikyō  
別タイトル
名前 The effect of teleworking on the productivity, human resources and local economy in the rural areas  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 風神, 佐知子  
カナ カゼカミ, サチコ  
ローマ字 Kazekami, Sachiko  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
はじめに、労働者がサテライトオフィスや在宅で働くテレワークという働き方は生産性を上げるのか、上げるならばどのようなメカニズムで生産性を上昇させるのかを分析した。その後、テレワークを(1) 都市都市型(都市部に拠点を持つ企業の従業員が通勤圏内に住みながらテレワークをする場合)、(2)都市地方型(企業の拠点は都市部にあり、従業員は地方でサテライトオフィスや在宅で働く場合)の二つに分けて、生産性、満足度、人材の獲得、イノベーションなどに与える影響について考察した。
その結果、多くの労働者がテレワークは週に1~2日行っている現状の中、テレワークを行う時間が長くなる程、ある時点までは生産性が上昇することが分かった。テレワークを行う時間が1週間で1時間長くなると、約160円分、年間約34万円分生産性が上昇する。しかし、テレワークの時間が長くなりすぎると生産性へ負の影響を与えることが明らかになった。
テレワークが生産性を上昇させるメカニズムとして、家事労働との両立、通勤時間の短縮や通勤ラッシュの回避、仕事の中断の回避について分析した。テレワークは生活満足度を上げ、生活満足度は生産性を上昇させる。しかし、テレワークは世の中の期待に反し、家事労働との両立ストレスを上昇させる。このストレス自体は直接生産性を下げることはないが、生活満足度を下げるので、テレワークを促進する際には育児や介護と在宅勤務の両立をしやすくする施策を合わせて行う必要がある。さらに、テレワークによる通勤時間の短縮や通勤ラッシュの回避、仕事の中断の回避は生産性を上昇させることが明らかになった。
仕事中の同僚や上司との会話は仕事を中断する一方で、雑談から新たなアイディアが生まれることもある。そこで、都市地方型のテレワークは対面コミュニケーションの減少により生産性が低下することが予想されるため、テレワークを都市都市型と都市地方型に分けて考察した。但し、この考察に用いたデータは限定的なものである。テレワークの導入目的として、創造性を確保することを挙げている場合には、都市都市型では売り上げや生産性にテレワークは正の影響を与えていたが、都市地方型では負の影響をもたらしていた。
This study investigates whether teleworking such as working at home or working at satellite office increase labor productivity and its mechanisms in Japan. Furthermore, this study categorizes teleworking styles into the urban-urban style and the urban-rural style, and analyzes the effects of teleworking by these styles.
First, this study finds that appropriate telework hours increase labor productivity, but when telework hours are too long, telework decreases labor productivity. Second, telework increases life satisfaction, and life satisfaction improves labor productivity. However, telework increases the stress of balancing work and domestic chores, contrary to Japanese governmental expectations, and the stress decreases life satisfaction. The stress, fortunately, does not directly reduce labor productivity. Third, this study clarifies that telework is more efficient for improving labor productivity if workers commute more than 1 h or commute by trains or buses that are usually very crowded during rush hours in Japan. Finally, the effect of telework for workers who have a greater number of potential trivial duties is insignificantly larger. Supervisors and colleagues often ask others to perform trivial, extra tasks without regard for schedules. Telework may help workers avoid such trivial duties and increase labor productivity.
However, trivial duties are also important for creativity. Geographic distance between workers and reducing communication between workers may decrease labor productivity or discourage innovations. Hence, this study discusses this topic using the limited dataset. This study finds that productivity does not improve well when firms introduce telework between rural and urban areas to increase creativeness. The number of observations is limited. The analysis in more detail are needed.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:33  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (712) 1st
2位 出生率及び教育投... (456)
3位 新自由主義に抗す... (417)
4位 『うつほ物語』俊... (358)
5位 731部隊と細菌戦 ... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2451) 1st
2位 家族主義と個人主... (1800)
3位 731部隊と細菌戦 ... (726)
4位 新参ファンと古参... (440)
5位 日本における美容... (330)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース