慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190110  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190110.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.2 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 86

Total downloads since Dec 16, 2022 : 86
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル アメリカ二大政党のイデオロギー的分極化の歴史的淵源を探る  
カナ アメリカ ニダイ セイトウ ノ イデオロギーテキ ブンキョクカ ノ レキシテキ エンゲン オ サグル  
ローマ字 Amerika nidai seitō no ideorogīteki bunkyokuka no rekishiteki engen o saguru  
別タイトル
名前 The deep origins of party polarization in the United States  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡山, 裕  
カナ オカヤマ, ヒロシ  
ローマ字 Okayama, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学法学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究課題では、アメリカで20世紀後半から進行している二大政党のイデオロギー的分極化を、長期の政党政治史の中に位置づけて新たな理解を提示することを目指した。本研究ではとくに、19世紀前半の本格的な政党政治の成立から断続的に続いてきた政党と政党制の制度化の役割に注目した。
第二次世界大戦後、アメリカを含む多くの先進国では社会政策の充実等のリベラルな政策が実施された。ヨーロッパ等他の多くの先進国ではこうした政策が定着し、主流の政党の政策は穏健なリベラルへと収斂していった。それに対して、アメリカではリベラルな政策に反発した保守派が共和党に結集したことがきっかけとなって分極化が始まっている。
この対照的な変化は、アメリカの政党と政党制が20世紀初頭の革新主義時代に経験した独自の制度化によると考えられる。主要政党の候補者決定について直接予備選挙制度が導入されたことで、外部の主体が主要政党に加わることが容易になり、選挙戦が「候補者中心」のものになった。また政府が投票用紙を管理するようになったのに伴い、二大政党以外からの立候補がそれまでよりも難しくなった。
これら一連の変化により、それまでであれば第三党を組織していたような勢力が、利益団体や社会運動の形で活動し、献金などの形で主要政党の政治家に影響を及ぼそうとするようになったと考えられる。リベラルな現状を変えようとする勢力が、少数党となっていた共和党に結集するという形で政党制に影響を与えうる形で制度化がなされていたことが、分極化につながったのである。
本研究の成果は、2020年度中にアメリカの政党政治の通史という形で書籍として出版する予定であり、いくつかの論点について研究論文を発表していきたいと考えている。
The objective of this research was to offer a new understanding of party polarization in the United States over the past half century by situating it in the historical development of political parties. The intermittent development of formal rules governing political parties was given strong attention.
After World War II, many advanced democracies, including the United States, implemented liberal public policies such as prohibiting discrimination and expanding pensions and health insurances. While a consensus around such policies developed in Europe and their political parties experienced convergence in ideology, the opposite happened in the United States; a strong conservative opposition sprang up and the two major parties became polarized. Why the different course of events?
I explain the anomaly of the American case with a set of electoral reforms that took place earlier in the century during the Progressive era. On the one hand, the Australian ballot system raised the cost of third-party candidates trying to enter the election. On the other hand, the direct primary elections both facilitated outside actors' participation in a major party and made election campaigns more candidate-centered, making candidates more susceptible to outside influence.
Together, these reforms induced political forces that would have organized third parties in the prior institutional arrangements to try to influence major party nominations, both indirectly through supporting candidates and more directly through helping politicians to run in primaries. It was these forces seeking to change the status quo, especially the conservatives that flocked to the Republican party, that was behind the divergence of the ideological orientation between the two parties.
Part of this research will appear in a book on the history of U.S. party politics to appear later in 2020.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:19  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Japan's liv... (662) 1st
2位 人間疎外と実存思... (474)
3位 新自由主義に抗す... (436)
4位 宋元刊両唐書およ... (363)
5位 修学旅行とナショ... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Die Umwandlung d... (2522) 1st
2位 刑法における因果... (595)
3位 中和滴定と酸塩基... (542)
4位 性犯罪者の釈放と... (525)
5位 姿勢維持における... (518)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース