慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190094  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190094.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 80

Total downloads since Dec 16, 2022 : 80
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 住宅価格バブルと銀行信用に関するパネル分析による研究  
カナ ジュウタク カカク バブル ト ギンコウ シンヨウ ニ カンスル パネル ブンセキ ニ ヨル ケンキュウ  
ローマ字 Jūtaku kakaku baburu to ginkō shin'yō ni kansuru paneru bunseki ni yoru kenkyū  
別タイトル
名前 Research on the panel analysis of credit and housing prices  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 櫻川, 昌哉  
カナ サクラガワ, マサヤ  
ローマ字 Sakuragawa, Masaya  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
2つの独立した研究を行っている。中国を対象にした1つ目の研究については、"Chinese Housing Market and Bank Credit" のもとで、22の省、5つの自治区、4つの直轄都市(北京、天津、上海、重慶)からなる31の行政区分をサンプルとしたパネルデータを利用した実証分析を行っている。2000-2015 年の期間で銀行貸出が住宅価格上昇の主要な要因であることを確認している。これによって、中国の信用膨張が住宅価格を押し上げているのは、大都市だけに限られた現象ではなく、中規模都市を含めた一国全体に及ぶことを確認している。論文はほぼ完成している。2020年3月に上海で開催されるWEAIのコンファレンスに発表を招待されていたが、新型コロナウィルスの影響で無期限延期となっている。
もうひとつの研究は、"Credit Expansion and Boom-Bust Cycle of Housing Prices"のもとで、先進国22か国を対象としたパネル分析を行っている。経験した先進国を対象にすることで、信用膨張から住宅価格へのより詳細な分析を試みている。1980年から2017年の期間で、家計向け貸出のGDP比の上昇が、最初の1、2年の間は住宅価格の上昇をもたらすものの、その効果は時間とともに小さくなり、5,6年たてば、むしろ住宅価格は下落することを検証している。信用膨張が住宅価格の上昇から下落へ至る5-6年程度のサイクルを描くことを明らかにされたことは興味深い。さらに、データの動きが、中央銀行の利上げが市場参加者のセンチメントに影響を与え、価格が上昇から下落へと反転するきっかけとなっている可能性を示唆していることを確認した。この論文は、2019年8月、福岡市で開催されたAPEAコンファレンスで発表し、9月には神戸で開催されたNCU研究会で発表した。さらに、2020年5月に開催される日本金融学会と日本経済学会にて発表予定である。日本金融学会は中止となったため、自主的な運営による研究会での報告へと変更となった。
The first research investigates an empirical analysis of the determinants of Chinese housing prices using panel data covering the 31 province-level regions for the period 1999–2015. The empirical analysis reveals that the gross regional product growth rate, the real lending rate, and bank credit are the primary determinants of the housing prices. A one-percentage-point increase in the growth of bank credit leads to a subsequent appreciation in the average selling price of commercialized buildings of 0.181–0.224%. A city-level analysis is also conducted. The overall findings suggest that if a credit contraction occurs, the Chinese housing prices will depreciate not only in large cities, but also at the national level.
The second research investigates if and how the change in the credit to the housing sector can account for the boom and bust cycle of housing prices for an unbalanced panel of 22 OECD countries over the period from 1980 to 2017. An increase in the credit to the household sector to GDP ratio leads to the appreciation in housing prices in the first one or two years. This short run effect tends to diminish gradually over time. Interestingly, in the medium-run perspective, an increase in the credit to GDP ratio predicts the depreciation in housing prices in the five or six years ahead. Overall, the findings reveal that the credit expansion drives the boom and bust cycle of housing price at the five- or six-year interval. The detailed data analysis suggests that the change in the monetary stance by the central bank has played a role of changing the sentiment in the housing market, thereby leading to the collapse of the housing market.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:40:07  
作成日
Dec 16, 2022 10:40:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース