慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190071  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190071.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.2 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 61

Total downloads since Dec 16, 2022 : 61
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 企業間の国際競争と製品の質  
カナ キギョウカン ノ コクサイ キョウソウ ト セイヒン ノ シツ  
ローマ字 Kigyōkan no kokusai kyōsō to seihin no shitsu  
別タイトル
名前 Global competition and product quality  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 津曲, 正俊  
カナ ツマガリ, マサトシ  
ローマ字 Tsumagari, Masatoshi  
所属 慶應義塾大学経済学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
主要な研究課題は、グローバリゼーションの進展に伴う企業間の国際競争の激化が経済にどう影響するか理論的に分析することにある。特に、本研究では、外国からの競争圧力が国内企業の選択に働きかける二つの相反する効果に焦点を当てた新しい経済モデルの構築を試みた。一つは品質・データ偽装などの不正事件にみられる低品質財の供給を促す効果、もう一つはイノベーションによる高品質財の供給を促す効果である。国際競争の激化がこれら相反する効果をもつとき、各国の経済厚生や経済格差に与える影響は一様ではなくなる。競争とイノベーションの関係に関して多くの理論研究があるが、これらの既存研究と、消費者が製品の質を完全に観察できない逆選択モデルを統合する経済モデルを構築した点で従来の研究から異なる。このモデルを用いた分析結果は次のとおりである。国際的な競争圧力の高まりは、生産性の低い国内企業が生き残りを図るための低品質財供給を促し、それが市場全体への消費者の信頼を損なわせる結果となる。これは、経済全体に悪影響をもつ。一方、この状況を脱却するための生産性の高い企業のイノベーションを促進する効果もある。多くの状況で、前者の効果が後者を上回り、競争の激化が国内の経済厚生を低下させることが確認できる。さらに、イノベーションに着手する企業とそうでない企業の間の格差拡大の可能性も指摘できる。外国企業への市場開放が、その国の利益になるかどうかは、低品質財を排除する市場インフラが十分に整っているかにかかっていることが結論づけられる。これらの分析の成果は、"Misconduct and Innovation as a Response to Global Competitive Pressure"という論題の論文にまとめられ、2019年11月に開催された慶応大学内のワークショップで報告する機会をもった。現在、国際的学術雑誌に投稿し、審査中である。
I attempted to provide a theoretical analysis regarding how an intensified global competition, as a result of progress of globalization, affects a country's economy. Especially, I built a new economic model with the focus to two contrasting effects of an intense import competition on behaviors of domestic firms. First, it promotes firms' misconduct to supply low-quality product, as exemplified by data falsification and fraud. Second, it also encourages firms' supply of high-quality product through innovation. These contrasting effects generate various implications for the domestic welfare and economic inequality. Even though there are huge literature that studies the relationship between competition and innovation, my research is new in that the adverse selection model, in which consumers cannot observe product quality perfectly, is incorporated into the existing studies. My theoretical implications are as follows. A rise in an import competitive pressure promotes a supply of low-quality product by inefficient firms, destroying consumers' trust for the product market and deteriorating the country's welfare. But in order to escape its negative externality, efficient firms put more effort on innovation. I show that in a broad range of environments, the former negative effect dominates the latter positive one. At the same time, it may expand the inequality between efficient firms that undertake innovation and the other firms that do not. My study conveys a message that the gain from the international trade entails a better institution that supports market transactions. Based on these analysis, I wrote an academic paper "Misconduct and Innovation as a Response to Global Competitive Pressure". I have presented this paper in the workshop held in Keio University on November 2019, and have submitted it to international academic journal. It is still under review.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:40:04  
作成日
Dec 16, 2022 10:40:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース