慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000006-20180420  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000006-20180420.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 72

Total downloads since Oct 24, 2022 : 72
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 慶應義塾における抗酸菌症対策  
カナ ケイオウ ギジュク ニ オケル コウサンキンショウ タイサク  
ローマ字 Keiō gijuku ni okeru kōsankinshō taisaku  
別タイトル
名前 Measures against mycobacteriosis at Keio University  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西村, 知泰  
カナ ニシムラ, トモヤス  
ローマ字 Nishimura, Tomoyasu  
所属 慶應義塾大学保健管理センター専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
結核は空気感染するため、学校における結核感染対策は重要である。これまでの研究で、慶應義塾大学の外国人留学生、特に結核高蔓延国出身者の結核感染率が高いことが推測された。本学における適切な結核感染対策を検討するため、今年度も引き続き、本学に在籍する外国人留学生の結核感染状況を調査した。2016年9月から2018年9月にかけて、外国人留学生 206名を対象に、インターフェロンγ遊離試験(IGRA)による結核感染診断を行った。外国人留学生のIGRA陽性者は8名(3.9%)であり、推定結核罹患率(人口10万対)100以上の国の出身者の陽性率は9.4%、推定結核罹患率(人口10万対)100未満の国の出身者の陽性率は2.0%であった。推定結核罹患率100以上の国の出身者は、推定結核罹患率100未満の国の出身者に比べ、結核感染率が有意に高いと推測された。グローバル化に伴い外国人留学生が増加傾向にある本学においては、結核高蔓延国出身者を対象とした結核感染スクリーニングが、結核感染対策上、重要と考えられた。
医療施設は多くの免疫不全者や高齢者がおり、結核の集団感染の危険性が高い。そのため、医療従事者の結核感染対策は重要である。本学の医療従事者における適切な結核感染対策を検討するため、本学大学病院の職員の結核感染リスクを評価した。2010年8月から2015年12月まで、328人の職員を対象に、定期的に実施したIGRAの結果から結核感染危険率を推定した。IGRAが陽転した場合を新規結核感染と仮定すると、結核感染危険率は、0.149/100人・年と推定された。本学の医療従事者の結核感染危険率は、結核罹患率が低い(人口10万対50未満)国の医療従事者の結核感染危険率(3.81/100人・年)と比べると低いと推測されたが、引き続き結核感染予防に注意を払う必要性がある。
Measures against tuberculosis (TB) infection are critical in the university setting because it is an airborne disease. The previous study found a high estimated rate of TB infection among foreign-born students enrolled in Keio University, particularly those from countries with a high burden of TB. To propose the most optimal measures against TB infection at Keio University, we distributed a TB infection survey to foreign-born students for the 2018 fiscal year. We recruited 206 foreign-born students enrolled in Keio University between September 2016 and September 2018. Interferon-gamma release assays (IGRAs) were used to detect TB infection. Overall, 8 (3.9%) students tested positive on IGRA. A positive IGRA result was found in 9.4% of students from countries with an estimated TB incidence rate of ≥100 cases per 100,000 individuals, whereas 2.0% of those from countries with an estimated rate of <100 cases per 100,000 individuals were positive. Students from countries with an estimated incidence rate of ≥100 cases per 100,000 individuals had a significantly higher TB infection rate when compared with those from countries with an estimated incidence rate of <100 cases per 100,000 individuals. The number of foreign-born students at Keio University has increased with globalization; hence, it is essential to screen those students from countries with a high burden of TB.
Medical institutions are at high risk for TB outbreaks because they serve many immunocompromised and elderly patients. Therefore, taking measures against TB infection among health care workers (HCWs) is critical to prevent nosocomial TB outbreaks. In the present study, we assessed HCWs at Keio University to ascertain their risk of TB infection in an effort to determine the most optimal screening measures. We prospectively conducted serial IGRAs on 328 HCWs between August 2010 and December 2015. When assuming that all IGRA-positive conversions were attributable to true infection, the incidence of TB infection in HCWs was 0.149/100 person-years. Serial IGRA results estimated a low annual incidence of TB infection among the HCWs at Keio University compared with that in the HCWs from countries with low (<50 cases per 100,000 population) TB incidence (3.81/100 person-years), but continued vigilance is essential to eradicate TB infection.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:08  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:08  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (486) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (397)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (388)
4位 認知文法から考え... (370)
5位 M&Aにおける... (366)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (395) 1st
2位 新参ファンと古参... (329)
3位 日本における美容... (279)
4位 興味が引き起こさ... (235)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (234)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース