慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000006-20180398  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000006-20180398.pdf
Type :application/pdf Download
Size :135.9 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 88

Total downloads since Oct 24, 2022 : 88
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 高齢期の健康と幸福感の予測要因の検討 : ソーシャル・キャピタルの視点から  
カナ コウレイキ ノ ケンコウ ト コウフクカン ノ ヨソク ヨウイン ノ ケントウ : ソーシャル・キャピタル ノ シテン カラ  
ローマ字 Kōreiki no kenkō to kōfukukan no yosoku yōin no kentō : sōsharu kyapitaru no shiten kara  
別タイトル
名前 Effects of social capital on health and well-being among older adults  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高山, 緑  
カナ タカヤマ, ミドリ  
ローマ字 Takayama, Midori  
所属 慶應義塾大学理工学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
超高齢社会が進展し平均寿命が延伸している今日、ひとりひとりの高齢者が健康で活き活きと幸福感(well-being)と尊厳をもって生きることができる社会の創出が問われている。本研究課題では、後期高齢者を対象にアンケートによる縦断調査(第1波〜第3波)と半構造化法によるインタビュー調査を実施し、個人および地域のソーシャル・キャピタル(地域でのネットワークや地域社会に対する信頼感、互酬性などの総称)、さらには社会的環境のみならず物理的環境も視野にいれ、高齢期の健康、well-beingに対してソーシャル・キャピタルをはじめとした地域環境との関係性を多面的に検証するとともに、地域環境がwell-beingと健康に与える影響のメカニズムを解明することを目指した。本年度は追跡調査を実施するとともに、量的・質的データの解析を総合的に進め、主に以下のことが明らかになった:1)近隣に親しい付き合いがあり、特にコンパニオンシップがあるとwell-beingが高まる傾向が示された。2)近隣の人とのコンパニオンシップは高齢になるほど、またIADL(手段的日常生活動作)に制限がある高齢者ほど低くなる一方、IADLに制限がある高齢者ほど近隣の人とのコンパニオンシップとwell-beingの正の相関が大きく、関連性が強くなることが示された。3)第1波から第2波調査(20ヶ月)の間に、近隣のネットワークが減少する高齢者がいる一方で、後期高齢期にもネットワークが増加している高齢者もいた。4)増加には個人の性格特性(外向性)だけでなく、良好な社会的環境(高齢者も参加できる地域イベントの有無)や良好なコミュニティ感覚があることが寄与していた。5)ソーシャル・キャピタルの要素を含む良好な社会的環境や物理的環境は高齢期の幸福感の促進要因になるばかりでなく、社会参加活動を媒介して認知機能を維持する要因となっていることが示唆された。6)物理的環境では、特にアクセシビリティの良さがwell-beingにも健康にも重要であることが示された。
Data show a substantial increase in the number of older adults and rapid extending of life expectancy nationally and globally. There is no need to repeat the fact that we are confronted with the urgent task of creating a society where older adults could live with higher well-being and dignity. In this 3-year research project, we conducted a longitudinal study (wave1-wave3) of older adults aged 75 and older, and semi-structured in-depth interviews with 60 people as a part of a panel study in order to examine relations between well-being, physical/mental health and neighborhood environments including social capital, social environments (e.g., culture and recreation programs, inclusive social environment), as well as physical environments (e.g., public spaces and buildings, accessibility), and to understand how social and physical environments including social capital effect on well-being and health among older adults. In this fiscal year, we conducted a panel study of a new cohort and analyzed quantitative and qualitative data. Results showed that 1) having close neighbor(s), and especially having companionship with neighbor(s) was associated with life satisfaction and emotional well-being, 2) interaction effect of neighborhood companionship X IADL limitation on satisfaction with current life was significant, 3) 10 % of the participants increased number of close neighbor(s) from 0 to 1 or more, 4) increasing number of close neighbors in later life was associated with extroversion of personality traits, existence of culture and recreation programs in neighborhood, and higher sense of community such as attachment of neighborhood, 5) accessible physical environments and social environments including social capital played an important role of well-being, and then accessibility and the social environments influenced well-being and cognitive abilities via participation of social activities, too, and 6) accessibility was one of the most important factors for well-being and health in later life.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:05  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース