慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180230  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180230.pdf
Type :application/pdf Download
Size :130.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 73

Total downloads since Oct 24, 2022 : 73
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 南アジア北部の多元的宗教空間における宗教と肉食に関する政治人類学的研究  
カナ ミナミアジア ホクブ ノ タゲンテキ シュウキョウ クウカン ニ オケル シュウキョウ ト ニクショク ニ カンスル セイジ ジンルイガクテキ ケンキュウ  
ローマ字 Minamiajia hokubu no tagenteki shūkyō kūkan ni okeru shūkyō to nikushoku ni kansuru seiji jinruigakuteki kenkyū  
別タイトル
名前 A political anthropological study of religion and meat-eating in the pluralistic religious sphere of northern South Asia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮本, 万里  
カナ ミヤモト, マリ  
ローマ字 Miyamoto, Mari  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では南アジア北部地域としてインド北東部諸州およびブータンを調査対象地域として選定している。3年間の研究計画の2年目にあたる2018年度は、2017年度に実施した北東インドのナガランド州における屠場と牧畜社会調査のデータを整理し、その結果を国内外3回の学会および研究会等で口頭発表している。また、ブータンの屠場調査に関連しては、日本文化人類学会全国大会および国内シンポジウムで口頭発表を行なった。本研究課題の目的の一つとした映像資料の作成については、インドおよびブータン現地で撮影した映像資料の編集作業を、調査に同行した研究協力者らと進めており、論文の共同執筆も予定している。
夏と春に実施した現地調査では、ブータン政府による「高地民」政策の変容を政府官僚らへのインタビューから明らかにし、ヤク飼育を行う高地牧畜民の生業と変化および宗教実践に関する聞き取り調査を行った。特に、移動牧畜を行う有畜農耕民からヤクの飼育に専従する高地牧畜民まで、多様な生業を持つ人々が暮らすブータン中部のポブジカ谷で集中的な村落調査を実施し、そこにおける宗教実践の変容と生業の関わりについて聞き取り調査を行った。その際、近年ブータンで起こっている牛やヤクの屠畜忌避の背景を、ブータン国内における自律的な村寺の僧院化と、大僧正による動物供儀の禁止という現象から読み解こうと試みた。
これらの調査からは、コミュニティーの紐帯としての古くからの寺の役割の変化が大きく変容しつつあること、そして仏教の高僧らによる動物供儀の禁止条例が、地域の土着の自然神崇拝とその媒介者(シャーマン)たちをブータンの宗教空間から排除しつつあることが明らかとなった。ブータンの村落地域における村寺の僧院化については、研究成果の一部を日吉紀要に掲載した。
In this study, northeastern India and Bhutan are selected as the study area. In 2018, firstly the data collected from the last year's field research in Nagaland and Meghalaya were analyzed and published in the conferences and seminars. In relation to the research on slaughterhouses in Bhutan, I made an oral presentation at the annual conference of the Japanese Society of Cultural Anthropology in Hirosaki University. With regard to the creation of audio visual materials for slaughterhouses in South Asia, the editing work of the video materials has been conducted with the research collaborators who assisted the field research and video shooting, and the work will be published as a chapter in English.
In the field survey conducted in summer and spring, the interviews with Bhutanese governmental officers and field research in the pastoral villages of western Bhutan were conducted. In those areas, the increasing religious activities of Buddhist monasteries and prominent Buddhist leaders has gradually eliminated indigenous belief and rituals in the communities. Especially the prohibition of animal slauhter by Je-Kenpo the religious head of Bhutan escalated people's evasion of any animal sacrifices. And integration of rural community temples into Buddhist monasteries have decreased people's feelings of belonging to their community. The pluralistic religious sphere of Bhutan seems becoming unified under the Buddhism and it is leading the changes in people's daily practice of slaughtering animals for meat and also the decrease of people's devotion to natural deities of the area.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:37:56  
作成日
Oct 24, 2022 13:37:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース