慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180219  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180219.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 105

Total downloads since Oct 24, 2022 : 105
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 薬局で実施する口腔内検査がもたらす歯科受診及び口腔ケアにおける行動変容効果の検証  
カナ ヤッキョク デ ジッシスル コウクウナイ ケンサ ガ モタラス シカ ジュシン オヨビ コウクウ ケア ニ オケル コウドウ ヘンヨウ コウカ ノ ケンショウ  
ローマ字 Yakkyoku de jisshisuru kōkūnai kensa ga motarasu shika jushin oyobi kōkū kea ni okeru kōdō hen'yō kōka no kenshō  
別タイトル
名前 Effects of the saliva test and oral self-care advice in community pharmacies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岩田, 紘樹  
カナ イワタ, ヒロキ  
ローマ字 Iwata, Hiroki  
所属 慶應義塾大学薬学部助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
う蝕や歯周病は糖尿病や心疾患、誤嚥性肺炎等、全身の疾患の原因にもなり得るため、口腔内環境の維持は重要である。しかしながら、我が国の過去1年間の歯科検診受診率は53%に留まっている(2016年)。一方で、薬局には国民の健康の維持・増進を支援する機能が求められている。2015年には薬局店頭での唾液による口腔内環境チェックが可能となったが、薬局にて唾液検査の有用性を検討した報告はまだない。そこで本研究では、薬局来局患者を対象に唾液検査及び口腔セルフケアに関する情報提供を行うことで、薬局での口腔内環境チェックのニーズ及び口腔セルフケア習慣や歯科受診行動に与える影響を明らかにすることを目的とした。2018年6月11日~2018年7月13日に慶應義塾大学薬学部附属薬局の来局者84名(男性38名、女性46名)を対象に、唾液検査及び口腔セルフケアに関する情報提供を実施し、合わせて自記式質問紙調査を行った。唾液検査について「結果がその場で分かる」(81%)、「測定が簡単」(70%)、「口腔セルフケアを見直すきっかけになる」(60%)の回答が多く挙がり、患者が検査の簡便性や有用性を実感したことが示唆された。唾液検査及び情報提供の満足度は96%に上り、89%が薬局で唾液検査をまた受けたいと回答したことから、高いニーズが示された。1か月後追跡調査(回収率:67%)により、唾液検査及び情報提供の実施前後で「甘い食品や飲料を控えている」割合が43%から61%へ有意に増加した(P=0.021)。また、定期歯科検診を受けていなかった12名中1名(8%)が新たに歯科を受診し、6名(50%)が「受診しようと思っている」と回答したことから、唾液検査や情報提供が歯科受診に対する意識の変化を促した可能性が示唆された。4か月後の時点では、さらに1名が新たに歯科を受診していた。本研究により、薬局における口腔内環境チェックが地域住民の口腔疾患の早期発見及び予防に有用であることが示唆された。
It is important to maintain the oral environment since caries and periodontitis are said to affect systemic diseases, such as diabetes mellitus, cardiovascular disease, and aspiration pneumonia. However, only 53% of Japanese people undergo a regular dental checkup. Community pharmacies are required to support the health promotion and maintenance of local residents. In 2015, saliva test was allowed to be performed at Japanese community pharmacies. In this study, we aimed to reveal the needs and usefulness of the saliva test and providing information about oral self-care at community pharmacies on the oral self-care habits and dental consultation. We carried out the saliva test, providing information, and a questionnaire survey to 84 patients (38 men and 46 women) at University Community Pharmacy, Keio University, from June 11, 2018 to July 6, 2018. 96% of the patients were satisfied with the saliva test and providing information. The patients mainly cited "available results of the test on the spot" (81%), "easiness of the test" (70%), "motivation to review my oral self-care" (60%) as an impression against the saliva test. Additionally, 89% of the patients desired to take the saliva test at community pharmacies again in the future. Therefore, the saliva test at community pharmacies is confirmed to be needed by local residents. After one month, the follow up questionnaires were returned from 67% of the patients. The rate of patients who refrained from sweet foods and beverages significantly increased from 43% to 61% (P = 0.021). 1 of 12 patients who didn't undergo a regular dental checkup newly visited dental office, and 6 had the intention to do so. Thus, it was speculated that the saliva test and providing information possibly enhance their consciousness to dental consultation. Additional 3 months later, another 1 patients newly visited dental office. In conclusion, it was indicated that oral checkup at community pharmacies is useful for the early detection and prevention of oral diseases among local residents.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:31  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:31  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース