慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180178  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180178.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.4 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 53

Total downloads since Oct 24, 2022 : 53
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 日本企業のアジア展開と本社機能について  
カナ ニホン キギョウ ノ アジア テンカイ ト ホンシャ キノウ ニ ツイテ  
ローマ字 Nihon kigyō no Ajia tenkai to honsha kinō ni tsuite  
別タイトル
名前 Do Japanese headquaters add value in expanding in Asian markets?  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 清水, 勝彦  
カナ シミズ, カツヒコ  
ローマ字 Shimizu, Katsuhiko  
所属 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の主目的は、アジア新興国進出・展開に関して日本企業の「本社の価値」についての調査・考察を行うことであった。環境変化の激しい新興国市場では、「スピード」が重視される一方、日本企業として現地企業・欧米グローバル企業と差別化を行うためには、日本市場あるいは過去の欧米市場進出で得られた知見を活かす必要がある。一般に「現場は強いが、本社は弱い」といわれる日本企業のアジア展開での役割、課題を明らかにしたいという問題意識を持って取り組んでいる。

本年度は、そうした問題意識のうちに進める研究の第1年目にあたり、まず既存の研究を整理し、実際の企業へのインタビューなども行って一般的な「本社機能」の課題を整理することができた。これについては、これまでの自分の研究もふまえ、Agency theory およびorganizational politicsの視点から英語の学術論文「 MISSING ELEMENT OF RESEARCH ON TMT AND STRATEGIC DECISION-MAKING: THE EFFECTS OF CORPORATE STAFF」としてまとめ、2019年度にボストンで開かれるAcademy of Managment の年度総会に投稿し(2019年1月)、現在最終の採択の返答および論文へのフィードバックを待っているところである。企業の戦略意思決定に関する多くの研究は、最終意思決定者であるCEOまたはTop management team (TMT)に注目しているが、本社および本社メンバーが実質的に様々な影響を及ぼしていることを論じている。まだまだ新しい分野であり、今後より深掘りが必要である。

2年目以降はそうした深掘りを、データ収集という点だけでなく、日本企業のアジア進出というコンテクストをより踏まえて、すすめて行きたい。
The key objective of this study is to clarify the role of headquaters of Japanese firms in their process of expanding in Asian markets. Although Japanese firms have strong "gemba," it is also suggested that headquaters are weak. To this end, it is important what unique value can the headquaters add.
Given that this is the first year of the three-year project, most of the time and energy was devoted to reviewing the extant research, while I was also able to find opportunities to meet and interview practitoners. The review results are integrated with my past research and resulted in the academic paper titled A MISSING ELEMENT OF RESEARCH ON TMT AND STRATEGIC DECISION-MAKING: THE EFFECTS OF CORPORATE STAFF. This paper was submitted to Academy of Management Annual meeting held in Boston in August 2019. This paper discuss the role of corporate staff in organziational strategic decisions, about which most of the past research paid attention to CEOs and top managment teams. I wait for the final decision and feedback.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:26  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース