慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180148  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180148.pdf
Type :application/pdf Download
Size :113.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 131

Total downloads since Oct 24, 2022 : 131
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 1920-1930年代、カタルーニャの前衛芸術  
カナ 1920-1930ネンダイ、カタルーニャ ノ ゼンエイ ゲイジュツ  
ローマ字 1920-1930nendai, Katarūnya no zen'ei geijutsu  
別タイトル
名前 Avant-gard art in Catalunya (1920s-1930s).  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松田, 健児  
カナ マツダ, ケンジ  
ローマ字 Matsuda, Kenji  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、1910年代後半から1936年までの間、カタルーニャでは前衛芸術がどのような過程を経て導入されていったのかを明らかにした。それは、遅れた周辺地域が受け入れた一方通行の「輸入」ではない。ミロにしてもダリにしても、パリに出立する以前にカタルーニャで前衛芸術に触発され、パリで活動する間も、カタルーニャとの結びつきが途絶えることがなかった。1930年代には国外、国外を問わず、他の地域との交流を重ねながらカタルーニャ独自の動きが展開していった。ADLANが行ったミロ展やダリ展のように、カタルーニャが新しい作品の最初の発信地となった事例さえ生じているのである。
しかも、このカタルーニャと他地域の交流の波は日本にまで届いていた。1937年に東京、名古屋、京都などを巡回した海外超現実主義作品展のカタログではピカソやミロ、ダリの他に、カタルーニャ人の彫刻家レアンドラ・クリストフルや本研究後半で登場するアンヘル・フェラン、レメディオス・バロ、オスカル・ドミンゲスといった名前を確認できるのである。戦前のカタルーニャと日本の前衛がどのような経路で結びついていたのか、管見の範囲では、先行研究がほとんど存在しない。リカル・ブルが指摘するように、こうした側面へのアプローチは今後の課題となるだろう。
In this project, I have argued how the process of avant-hard art has been introduced in Catalonia from the latter half of the 1910s to 1936. It was not a one-way "import" accepted by delayed surrounding. Both Miró and Dalí inspired by avant-hard art in Catalonia before they departed to Paris, and while they were working in Paris, the bonds with Catalonia were never broken. During the 1930s, Catalonia's unique movements had expanded by interaction with other domestic and overseas areas. Catalonia even become the place for the debut of new works such as the Miró exhibition and the Dalí exhibition produced by ADLAN.
Furthermore, the wave of cultural exchange between Catalonia and other regions even had reached Japan. In a catalogue of Overseas Surrealism Work Exhibition that traveled Tokyo, Nagoya, Kyoto and elsewhere in 1937, names such as Picasso, Miró and Dalí appeared, in addition to Catalonia sculptor Lenodre Cristòfol, Angels Fervent who is mentioned in the second half of this paper, Remedios Varo and Óscar Domínguez. In my investigation, I discovered little previos research to explain how the route connected the avant-garde of Catalonia and Japan. As Ricard Brumas has pointed out, further work is needed to address these aspects.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:21  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース