慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180081  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180081.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.1 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 53

Total downloads since Oct 24, 2022 : 53
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Kaehler manifold, Kuranishi family and quantization  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮崎, 直哉  
カナ ミヤザキ, ナオヤ  
ローマ字 Miyazaki, Naoya  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本学事振興資金(Keio University Academic Development Funds for Individual Research)の援助を受け、2018年度はsuper twistrial double fibrationを利用しケーラー多様体(の関数環あるいはその構造層)の環構造の量子化(もう少し詳しく述べれば非可換な結合的環構造変形)について研究を行い、その研究成果を以下の論文として投稿中である。

著者名:Yuji HIROTA, Naoya MIYAZAKI and Tadashi TANIGUCHI
タイトル:On deformation quantiztion using super twistrial double fibration
投稿先:Geometric Methods in Physics XXXVII
年度:2018年

他方、量子化と技術的には関連し、すでに前世期後半にはHormanderによって体系的に展開されていたMorse型Phaseをもつstationary phase methodについてphase functionをMorse型より一般の「ArnoldのA,D,E型を含むような場合のstationary phase methodについての考察」を始めた。
これについては世界的にみてみると、上述の如くHormanderの仕事、とりわけ彼自身およびDuistermaatらによるMorse型phase functionをもつstationary phase methodの明示的公式が知られていたが、さらにそれと関連し、Fourier(振動型)積分(作用素)についての発展や、さらにVarcenkoの理論が前世期後半には知られていた。最後のVarcenkoの仕事については特異点論、トロイダル埋蔵など代数幾何学、解析幾何学とも関係し、明示的計算をおこなうのが困難な分野である。従ってまだ漸近展開などの明示的公式の系統化がなされているとは言い難く、理論もその途上であるといえよう。これについてその発展に必要となるであろうFresnel積分(の拡張)を留数解析や振動積分など多方面から拡張を行っている最中で自身草稿のような状態のものしかできあがっていない状況ではあるが、今後の課題と考え、なるべく早くまとまったものとして仕上げたいと考えている。
In 2018, according to Keio University Academic Development Funds for Individual Research, we studied quantization of (more precisely construction of non-commutative, associative algebra from) smooth functions or sections of structure sheaves of Kaehler manifolds.
Then we have the some results which including the following article:

Authors: Yuji HIROTA, Naoya MIYAZAKI and Tadashi TANIGUCHI
Title:On deformation quantiztion using super twistrial double fibration submitted to Geometric Methods in Physics XXXVII in 2018.

On the other hand, (relating to quantization) we started extention of stationary phase method via geometric asymptotics, on which there are partially affirmative results several by Lars Hormander. Using these techniques, he also developed celebrated theory of Fourier integral operators and application to linear partial differential equations. However it is only known that Hormander's and Duistermaat's works including stationary phase method with Morse type phase functions, and application to Fourier(oscillatory)integral (operators). Relating to these works, Varcenko's theory was also established. However, Varcenko's works are diffiicult to understand since it relates to resolution of singularities and troidal embedding.

So we would like to extend these area including A, D, E-types phase functions and try to write down an explicit asymptotic expansion formulae. This is our new aim for our study.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:40  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:40  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース