慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180017  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180017.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.4 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 187

Total downloads since Oct 24, 2022 : 187
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 機能性流体を用いた液体スロッシング抑制のための基礎研究  
カナ キノウセイ リュウタイ オ モチイタ エキタイ スロッシング ヨクセイ ノ タメ ノ キソ ケンキュウ  
ローマ字 Kinōsei ryūtai o mochiita ekitai surosshingu yokusei no tame no kiso kenkyū  
別タイトル
名前 Control of liquid sloshing in a container by functional fluids  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 澤田, 達男  
カナ サワダ, タツオ  
ローマ字 Sawada, Tatsuo  
所属 慶應義塾大学理工学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
容器内に部分的に満たされた流体が自由表面を持つ時,容器が振動すると中の流体が共振する現象が,スロッシングである。地震発生時の石油タンク,航行中のLNGタンカー等において,スロッシングによる事故が発生している。特に容器が軸対称形である場合のスロッシングでは,自由表面が容器中心軸回りを回転するスワーリングを伴う。飛行中の液体燃料ロケットや人工衛星の燃料タンク等においてスワーリングが発生すると,重心が変化し軌道が狂う.このように,スロッシング及びスワーリングは工学的に大きな問題となっているが,効果的な対策は少ない。そこで,容器を回転させる事によってスロッシングやスワーリングがどのような影響を受けるかを調べる事にし,実験装置の製作を行った。液体自由表面の挙動を直接計測することが難しいので,容器内側面に圧力センサーを2個設置し,圧力変動を計測した。自由表面挙動と壁面での圧力変動は同期することは,確認済みである。まず,容器を回転させずにスワーリングの挙動を調べた。2個の圧力センサーは,容器中心軸に対して90度の角度を設けて設置している。2個のセンサー出力から,自由表面の波頭の動きを計測することが可能となった。その結果,波頭の回転速度は今まで一定であるように取り扱われていたが,波頭の1回転中,回転速度の周期的な増減が生じている事が新たにわかった。液深の増加に伴い,波頭の回転速度の変動量は大きくなった。回転速度の最大値および最小値をとる波頭の位置はほぼ一定で,液深の影響はあまりないことも明らかとなった。波頭の回転速度変動の理由はまだ未解明であるので,今後さらなる検討を行う予定である。液体の粘性の影響も考えられるので,グリセリン水溶液を用いて液体粘度を変化させて実験を遂行することも考えている。
The free surface fluctuation of liquid in a laterally oscillating cylindrical container was investigated. The time dependent fluid dynamic pressure was measured instead of the free surface fluctuation. Two pressure sensors including the radio signal processing system were embedded in the inner wall of the cylindrical container. The rotational velocity of the crest was calculated. It is not constant but varies along the circumferential direction. The change of the rotational velocity of the crest becomes larger with the water depth. The mechanism has not been clarified in this study.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:24  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース