慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170355  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170355.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.9 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 121

Total downloads since Feb 22, 2019 : 121
 
タイトル
タイトル 文学博士論文の序章における構成要素と直接引用との関係  
カナ ブンガク ハクシ ロンブン ノ ジョショウ ニ オケル コウセイ ヨウソ ト チョクセツ インヨウ トノ カンケイ  
ローマ字 Bungaku hakushi ronbun no joshō ni okeru kōsei yōso to chokusetsu in'yō tono kankei  
別タイトル
名前 The relationship between direct quotation use and rhetorical structures in L1 English writers' literature PhD thesis introductions  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大野, 真澄  
カナ オオノ, マスミ  
ローマ字 Ono, Masumi  
所属 慶應義塾大学法学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 英語母語話者によって執筆された文学分野の博士論文の序章に含まれる修辞的構成要素と直接引用(direct quotation)との関係を明らかにすることを目指した。分析対象は, 英国の3つの大学院から収集された15篇の博士論文の序章であり, 約10万語のデータをジャンル分析という手法を用いて分析した。その結果, 1096の構成要素のうち, 480が直接引用を含んでいることが分かった。また, 小説に関する論文と文学ジャンルに関する論文では, 直接引用の仕方に差異があることが明らかとなった。最も頻繁かつ好まれる直接引用(305件)は先行研究を概観するために用いられていた。文学ジャンルに関する論文では186件, 小説に関する論文では119件も直接引用が見られた。二番目に頻繁な直接引用(113件)は, 作品や作家を紹介するために用いられていた。小説に関する論文では88件, 文学ジャンルに関する論文では25件観察された。この点は, 直接引用が文学分野特有の修辞的要素と強固に関連していることを示している。三番目に頻繁な直接引用の使用(34件)は, 研究トピックを示すために用いられていた。文学ジャンルに関する論文では24件, 小説に関する論文では10件であった。これらの結果は, 直接引用の使用の仕方が, 文学分野内において多様であることを示している。また, ムーヴ独立型の構成要素では直接引用の使用がより多く見られ, ムーヴ依存型の構成要素とは異なる傾向が見られた。さらに, 直接引用に用いられる文献は, 本が最も多く, 他の種類の文献はパラフレーズや要約といった手段を用いて本文中に組み込まれる傾向が見られた。これらの結果から, 直接引用と修辞的構成要素との関係は, 一般的である部分と分野特有である部分の両方を合わせ持つという複雑な様相を呈することが分かった。従って, 博士論文の序論を指導する際には, 構成要素が持つ修辞的目的や機能と直接引用との関係に留意する必要がある。
This study aimed at investigating L1 English writers' use of direct quotations (DQs) in Literature PhD thesis introductions, focusing on the relationship between the direct quotation use and rhetorical structures. Our corpus consisted of 15 PhD thesis introductions (approximately 100,000 words) and was analysed based on Swales' revised CARS model which included some Literature-specific steps. Among a total of 1096 steps in the corpus, 480 steps contained direct quotations. The results indicated that there were differences between novelist theses and literary-genre theses in terms of the use of DQs. The most frequent, favored use of DQs (n = 305) was observed in reviewing previous research : the literary-genre theses (n = 186) contained more DQs than the novelist theses (n = 119). The second most frequent use of DQs (n = 113) was found in presenting fictional work and/or its author: the novelist theses (n = 88) contained more DQs than the literary-genre theses (n = 25). This indicates that DQs are highly associated with this discipline-specific step. The third most frequent use of DQs (n = 34) was found in making topic generalisations and giving background information : DQs appeared more frequently in the literary-genre theses (n = 24) than the novelist theses (n = 10). The findings showed intra-disciplinary variation in that the use of DQs tends to differ between the novelist theses and the literary-genre theses. Move-independent steps also showed stronger association with DQs and more frequent adaptation of DQs than move-specific steps. It was also found that books were frequently used for DQs ; other types of sources tend to be incorporated into the thesis introductions by employing other source text borrowing operations such as paraphrasing and summarising. The findings suggest that the relationship between direct quotation use and the rhetorical structure of thesis introductions is partially generic and partially discipline-specific. As for pedagogical implications, DQs should be taught in relation to the rhetorical purpose and function of moves and steps in the thesis introductions.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 13:27:57  
作成日
Feb 21, 2019 16:15:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース