慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170318  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170318.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.5 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 294

Total downloads since Feb 22, 2019 : 294
 
タイトル
タイトル レジリエンスと思いやりを構築する医療従事者へのマインドフルネス : Mindfulness for Health professionals building Resilience and Compassion : MHALOプログラムに関する研究  
カナ レジリエンス ト オモイヤリ オ コウチクスル イリョウ ジュウジシャ エノ マインドフルネス : Mindfulness for Health professionals building Resilience and Compassion : MHALO プログラム ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Rejiriensu to omoiyari o kōchikusuru iryō jūjisha eno maindofurunesu : Mindfulness for Health professionals building Resilience and Compassion : MHALO puroguramu ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 A feasibility study of Mindfulness for Health professionals building Resilience and Compassion program (MHALO program)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 朴, 順禮  
カナ パク, スンレ  
ローマ字 Park, Sunre  
所属 慶應義塾大学看護医療学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
【目的】医療従事者のレジリエンスと思いやりを高めることによって, 医療従事者のストレスとバーンアウトを改善することを目的とした支援プログラム(レジリエンスと思いやりを構築する医療従事者へのマインドフルネス・プログラムMindfulness for health professionals building resilience and compassion : MHALOプログラム)を開発し, その実施可能性を検討した。
【方法】本プログラムは, マインドフルネス・スキルをベースに, 医療に不可欠なcompassion(思いやり)とポジティブ心理学の知見を盛り込んだプログラムである。多忙な医療従事者が参加しやすいよう, 2日間のワークショップと, その後自宅での8週間の自己実践(ホームワーク), フォローアップ・セッションにより構成した。
緩和ケアに携わる医療従事者28名を対象にプログラムを提供し, バーンアウト, レジリエンス, セルフ・コンパッション, マインドフルネス傾向, ストレス状況, 感情状態, well-beingについて介入前と8週間後で評価した。合わせてプログラムに関する評価を行った。
【結果】26名がプログラムを完遂した。完遂者において, バーンアウトの有意な改善, レジリエンス, セルフ・コンパッション, マインドフルネス傾向, well-beingの有意な増加, ストレスおよび感情状態の有意な改善が確認された。92%がプログラムへの参加に満足し, 96%が仕事や日常に役立つと回答した。
【考察】MHALOプログラムは実施可能性が高く, 緩和ケアに係わる医療従事者にとって有効なプログラムである可能性が示唆された。
*第23回日本緩和医療学会優秀演題
Objective
The objectives of this study was to develop the "Mindfulness for health professionals building resilience and compassion (MHALO program)", which aimed to relieve psychological distress and burnout of medical professionals by enhancing resilience and compassion, and to examine its feasibility.
Methods
The program was developed based on mindfulness skills, with components of compassion and positive psychology. In order to make the program more accessible for busy medical professionals, we developed the program in the following format : a two-day workshop and two follow-up sessions after four and eight weeks. Twenty eight health professionals who engaged in palliative care participated in the study. Main outcomes were the participants' psychological distress (the Perceived Stress Scale), burnout, resilience, self-compassion, mindfulness, mood status, wellbeing and QOL, which were measured at baseline and eight weeks later. In addition, the participants took part in qualitative interview at the study exit.
Results
Twenty-six participants completed the program. The completers demonstrated improvement in all the outcome measures. Ninety-two percent of the participants were satisfied with this program, and 96% found the program helpful for their work and their daily life.
Conclusion
The MHALO program is feasible, and may be effective for health professionals who are engaged in palliative care. Further randomized control study is warranted.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 12:40:47  
作成日
Feb 21, 2019 16:13:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース