慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170313  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170313.pdf
Type :application/pdf Download
Size :129.6 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 221

Total downloads since Jul 29, 2019 : 221
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 自律的学習環境の構築 : e-learningと連動したフランス語教材の開発  
カナ ジリツテキ ガクシュウ カンキョウ ノ コウチク : e-learning ト レンドウシタ フランスゴ キョウザイ ノ カイハツ  
ローマ字 Jiritsuteki gakushū kankyō no kōchiku : e-learning to rendōshita Furansugo kyōzai no kaihatsu  
別タイトル
名前 Construction of an autonomous learning environment : development of French language teaching materials linked with e-learning  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 朝吹, 亮二  
カナ アサブキ, リョウジ  
ローマ字 Asabuki, Ryoji  
所属 慶應義塾大学法学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
法学部のフランス語教育においては, 2004年にはじめて統一教科書を作成し, すべての初習者クラスと一部の既習者クラスで用いるとともに, 各学期末に統一試験を実施することで, カリキュラムの充実と評価基準の平準化をはかってきた。さらに2010年から学事振興資金の助成を得てe-learningによる自律的学習システムを導入し, 1年生と2年生の夏季・春季休暇中の自習用教材として運用を続けている。これらの試みは一定の成果をあげてきたといえるが, 今後はe-learningのシステムに, 休暇中だけでなく学期中の教室での学習と自宅での学習を連結させる役割を与え, 新しく作成する統一教科書と連動させることで, より広範で効果ある教育環境を構築する必要があると考えている。
2017年度は, 現行システムの運用を継続しつつ, e-learningコンテンツを更新し, また統一教科書の全面的な改訂のための作業をおこなった。特に文法項目の選択と配列を見直して, 法学部フランス語のレギュラーコースとインテンシブコースそれぞれの授業内容と進度にフィットした, つまり教員にとって教えやすく, 学生にとって学びやすい, 効果的かつ無理のないカリキュラムの整備に重点をおいた(多くの授業を非常勤の教員が担当しているだけに, 統一的なカリキュラムに基づく「教えやすさ」と「学びやすさ」を考慮することは重要である)。また新たに教科書の別冊として用いる練習問題集を構想し, その準備を進めた。
以上のe-learningシステムと統一教科書の見直し, さらに練習問題集の作成は, それぞれが相互に補完しあい, 有機的に関連する必要がある。今後はこの3つのプログラムの連携効果を研究メンバーの授業で実際に検証し, 必要な修正を加えた上で, 2019年度から運用を開始する予定である。
In the French language education of the Faculty of Law, in 2004 we created a unified textbook, used in all initial learner classes and some of the learned classes, and at the end of each term, conducted a unified test. Our goal was to improve the curriculum and also to standardize the evaluation criteria. In addition, since 2010 we have introduced an autonomous learning system based on e-learning with the aid of scholarship promotion funds, to operate as a self-study teaching material during first and second grade summer/spring vacation. Although it can be said that these attempts have produced certain results, in the future we will create a new e-learning system to link learning in the classroom during the semester and learning at home during the vacation. We believe that it is necessary to build a broader and effective educational environment.
In fiscal 2017, while continuing the operation of the current system, we updated e-learning contents and worked to revise the unified textbooks in full. In particular, we reviewed the selection and arrangement of the grammar items in order to make the curriculum fit for the content and progress of both the classes of French regular courses and intensive courses, that is, easy to teach for teachers, easy to learn for students, in a more efficient way. It is important to consider "ease of teaching" and "ease of learning" based on a unified curriculum especially because part-time teachers are in charge of many classes. We also thought about a new exercise book to be used as a separate textbook, and prepared for that.
The review of the above e-learning system, unified textbook and the creation of a new exercise textbook are complementary to each other and need to be organically related. In the future, we will actually verify the effect of cooperation of these three programs in the classes of the research members, add necessary modifications and start operation from fiscal 2019.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 12:56:43  
作成日
Feb 21, 2019 16:13:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
Jul 29, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース