慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170235  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170235.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.5 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 217

Total downloads since Feb 21, 2019 : 217
 
タイトル
タイトル 血管内皮細胞増殖因子の徐放によるin vitroでの血管網構築  
カナ ケッカン ナイヒ サイボウ ゾウショク インシ ノ ジョホウ ニ ヨル in vitro デノ ケッカンモウ コウチク  
ローマ字 Kekkan naihi saibō zōshoku inshi no johō ni yoru in vitro deno kekkanmō kōchiku  
別タイトル
名前 Enhancement vascularization of cellular tissue by sustained release of vascular endothelial growth factor  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 長瀬, 健一  
カナ ナガセ, ケンイチ  
ローマ字 Nagase, Kenichi  
所属 慶應義塾大学薬学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
現在, 細胞組織をin vitroで作製し, 生体内に移植して治療効果を促す再生医療が新たな治療法として検討されている。しかし, 代謝活性が高い細胞組織を移植する場合, 移植した細胞組織への酸素供給が不足し, 細胞組織が壊死を起こす可能性があり, 効果的な細胞移植とならない可能性がある。そこで, in vitroでの細胞組織の作製段階で, 予め血管網を付与しておけば, 細胞組織移植時に効果的にホスト組織の血管と吻合し, 細胞組織への血流供給を促す事で酸素供給を行い, 移植組織の生着を促すことが可能になると考えた。
そこで本研究では, 心筋細胞組織のin vitroでの血管新生を目的とし, 心筋細胞組織作製時に血管内皮細胞増殖因子(VEGF)を徐放する材料を培養系に配置し, 血管網構築状態を観察した。VEGFを徐放する材料として, in vivoで積層化心筋細胞シートへの血管新生の促進効果が確かめられているポリ乳酸-ポリグリコール酸共重合体(PLGA)のナノ粒子にVEGFを封入し, ポリビニルアルコール(PVA)からなるファイバーマットに担持したものを用いた。ラット由来の心筋細胞を温度応答性培養皿に播種し, 細胞シートを培養する過程でVEGFを徐放するファイバーマットを培養皿に添加し, 血管内皮細胞の増殖, 血管網構築を観察した。その結果, VEGFを徐放するファイバーマットを用いた場合と, VEGF徐放ファイバーマットを用いない場合で, 血管内皮細胞の増殖, 血管網構築において有意な差が確認できなかった。この原因として, in vitroでのPLGAの分解速度が遅くVEGFの徐放速度が遅い事, in vitroでの血管内皮細胞の増殖がin vivoに比べて遅いため, より多くのVEGFが必要となる事が考えられる。これらの結果からin vivoでの血管網構築における適したVEGF徐放速度を有するPLGA粒子の設計指針を得た。
In the present study, enhancement of vascularization in cardiomyocyte tissue in vitro was investigated using VEGF releasing fiber mat. In the fabrication of cardiomyocyte sheet in vitro, VEGF releasing fiber mat was added in the cell culture medium, and vascularization in cardiomyocyte tissue in cardiomyocyte sheet in vitro was observed. However, there is no significant difference in vascularization in cardiomyocyte sheet between with and without VEGF releasing fiber mat. This is probably because the VEGF releasing from fiber mat was insufficient for vascularization in vitro. The result indicated that VEGF releasing materials should be improved by increasing amount of loaded VEGF and accelerating VEGF releasing rate in vitro.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:21:03  
作成日
Feb 21, 2019 13:21:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース