慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170132  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170132.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.7 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 145

Total downloads since Feb 21, 2019 : 145
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル つよい中堅企業に学ぶイノベーションの原点 : 環境変化を機会にする  
カナ ツヨイ チュウケン キギョウ ニ マナブ イノベーション ノ ゲンテン : カンキョウ ヘンカ オ キカイ ニ スル  
ローマ字 Tsuyoi chūken kigyō ni manabu inobēshon no genten : kankyō henka o kikai ni suru  
別タイトル
名前 Innovative management of middle market companies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 磯辺, 剛彦  
カナ イソベ, タケヒコ  
ローマ字 Isobe, Takehiko  
所属 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は地方を拠点に活動する「つよい中堅企業の経営」について研究したものである。本書での中堅企業の定義は, ①意思決定の権限や責任が他の組織から独立していること, ②特定の市場において独自のポジショニングや事業モデルをもっていること, ③経営組織やマネジメントの機能をもっていることである。その結果として, ④年間売上高がおよそ5億円から300億円の範囲だった。このように中堅企業とは, 先に定性的な要因があって, その結果として定量的な規模が決まると考えている。
本研究での「つよい」という意味は, 環境変化を機会として捉え, 既存の常識や固定観念を打ち破ることで道を切りひらくことをいう。つよい中堅企業の多くが, 経営理念や創業理念を経営の中核・起点にしている。そのような経営理念は, 「地域の路線バスの利用客を増やしたい」, 「過疎地でも衣食住のインフラをつくりたい」, 「日本の伝統工芸を後世に伝えたい」, 「大事な家族を転倒から守りたい」といった, 今の日本に突きつけられた不安, 不便, 不満, 不快などの社会の「不」を解決することである。
一般に, 社会的価値の提供と企業として利益をあげることにはトレードオフの関係があると考えられている。しかし, つよい中堅企業は創造的な経営を生み出している。本研究の主役は, 経営理念を達成するために, 旧来の枠を打ち破ることで社会的価値と経済的成果の両立を成し遂げた中堅企業である。
This study describes the management of superior middle market companies (MMCs) based on local region. It defines the MMCs that (1) they are independent from other organizations, (2) they have original positioning and business model on specific market, (3) they have functions of organization and management. As the result, the annual sales of MMCs are in the range of 500 million yen and 30 billion yen.
"Superior" means that such MMCs identify environmental changes as business opportunities and open the way by breaking existing common sense or stereotype. Many MMCs bring their mission and philosophy into the heart of business domain. Such corporate philosophy is to "increase users of local bus", "build up the infrastructure of clothing, food and housing", "pass traditional art and craft down the generations," and "protect family from the risk of falling".
In general, it seems that there exist the trade-off providing the social values and earning profit. However, superior MMCs innovate the creative management. The central players of this study are MMCs which solve critical societal challenges while simultaneously drive greater profitability.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:16:02  
作成日
Feb 21, 2019 13:16:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース