慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170093  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170093.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.2 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 493

Total downloads since Jul 30, 2019 : 493
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル アメリカ・カレッジ・大学協会(AAC&U)に関する歴史的研究(3)  
カナ アメリカ・カレッジ・ダイガク キョウカイ (AAC&U) ニ カンスル レキシテキ ケンキュウ (3)  
ローマ字 Amerika karejji daigaku kyōkai (AAC&U) ni kansuru rekishiteki kenkyū (3)  
別タイトル
名前 A historical study on the Association of American Colleges & Universities (3)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松浦, 良充  
カナ マツウラ, ヨシミツ  
ローマ字 Matsuura, Yoshimitsu  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, アメリカ合衆国における大学・学士課程のリベラル・エデュケイション(Liberal Education)の思想・制度・内容・方法について, 現在まで100年以上にわたって強い影響力をもってきた, アメリカ・カレッジ・大学協会(Association of American Colleges & Universities : AAC&U)の活動とその成果を歴史的に考察し, 大学史上の意味を解明することを目的とした。AAC&Uは, 最初1915年に160機関が加盟したアメリカ・カレッジ協会(Association of American Colleges : AAC)として発足し, その後1995年に現在の名称に改称した。この間, 全米の公立・私立の4年制大学および2年制コミュニティ・カレッジを含む約1,300の大学が加盟する団体となった。アメリカの大学・高等教育におけるリベラル・エデュケイションの歴史とその意味を解明するためには, 同協会の活動の分析が不可欠である。最終年度にあたる本年度は, 同協会の歴史がアメリカ大学史においてどのような意味と影響をもったのか, さらに, 特に同協会が2005年以降展開している「リベラル・エデュケイションとアメリカの約束」(LEAP)というプロジェクトが今後のアメリカの大学改革にどのような意味をもつのか, について総括的な検討・考察を行った。発足以来の約60年間, AACは, 大学をめぐるさまざまな社会的・政治的問題に積極的に関わってきた。たとえばアメリカ大学教授協会(American Association of University Professors : AAUP)などの団体と連携しながら, アカデミック・フリーダム擁護の問題にも強く関わった。しかしながら70年代半ば以降は, その活動の焦点を大学・カレッジにおけるリベラル・エデュケイションの改革に限定するようになった。団体としての社会的・政治的関心は弱まり, 特に21世紀に入ってからは, グローバル経済の発展にリベラル・エデュケイションがどのように寄与するのか, という経済的な関心を強めるようになっている。その典型がLEAPプロジェクトであり, 今後もその傾向が維持されると推測できる。
The purpose of this study is to examine the history of AAC&U (Association of American Colleges & Universities) which has been very influential in the ideas, systems, contents and methods of liberal education of undergraduate colleges in the Unites States for more than hundred years, and also aims to clarify the meaning and significance of AAC&U in the history of colleges and universities. AAC&U started as AAC (Association of American Colleges) which was originally established in 1915 with 160 member institutions and was changed the name in 1995. AAC&U now has 1,400 member including public and private colleges, community colleges, research universities, and comprehensive universities. To explore the history and its meaning of liberal education in the U.S., it is indispensable for an analysis of the activities of AAC&U. This year as the final stage of the project, I comprehensively examined the influence of AAC&U for history of American higher learning and the significance of the LEAP (Liberal Education and America's Promise) challenge launched in 2005 by the association for the reform of colleges and universities in the U.S.. Since its establishment in 1915, AAC had committed various social and political issues on colleges and universities for about sixty years. It had developed an interest in academic freedom and tenure and formulated statements by collaborating with AAUP (American Association of University Professors) in the former half of the twentieth century, for example. Since the mid-1970s, however, AAC had turned its attention to and concentrated on the reform of liberal education in colleges and universities, the association's concern for social and political problem became weaker. Consequently, in the twenty-first century AAC&U strengthened its interest in economic issues, in particular the contribution of liberal education to global economy. The LEAP challenge is a perfect example of it and this tendency would continue from now on.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 15:20:11  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Jul 30, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース