慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170070  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170070.pdf
Type :application/pdf Download
Size :113.9 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 240

Total downloads since Jul 29, 2019 : 240
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル シェイクスピア受容史研究  
カナ シェイクスピア ジュヨウシ ケンキュウ  
ローマ字 Sheikusupia juyōshi kenkyū  
別タイトル
名前 An exploration of the reception of Shakespeare's plays and poems  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大矢, 玲子  
カナ オオヤ, レイコ  
ローマ字 Oya, Reiko  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
エリザベス朝の劇作家, 詩人ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の作品は, 没後400年を経てなお, 世界各地で出版, 上演が重ねられているのみならず, 新しい世代のアーティストたちの創作活動に大きな影響を及ぼし続けている。才能あるアーティストたちが, 400年にわたって, シェイクスピアの作品と向き合ってきた歴史は, そのままイギリス文化史の重要な一部をなしているのである。本研究ではシェイクスピアが後の時代の文化, 芸術に与えた影響の諸相を, 19世紀初頭から20世紀のアーティストに特に注目して, 分析した。
2017年度には, 20世紀のイギリス桂冠詩人テッド・ヒューズの, きわめて個性的なシェイクスピア読解をめぐる論考'The Scar on the Face : Ted Hughes Reads Shakespeare's Sonnets'が, アーデン・シェイクスピア研究叢書の1冊, Hannah Crawforth, Elizabeth Scott-Baumann, and Clare Whitehead eds., The Sonnets : The State of Play (London : Bloomsbury Publishing, 2017) の一章として出版された。
現在は, 研究2年目にむけて, ロマン派の詩人Samuel Taylor Coleridge, William Wordsworthのシェイクスピア読解に関する研究資料の収集と分析を進めている。
また2018年夏に開催予定のInternational Shakespeare Conferenceのセミナー'Media Wars in Shakespearean Age and Our Time'(コーディネーター, Professor Tianhu Hao, Zhejiang University)に参加を予定し, その準備としてErnst Lubitschのシェイクスピア受容をめぐるセミナーペーパーを執筆中である。
More than 400 years after the playwright's death, the plays of William Shakespeare (1564-1616) are still the mainstays of the stage all over the world,. Moreover, his dramatic, as well as poetic, works have exerted an powerful influence on generations of artists. This three-year research project explores Shakespeare's afterlives in the works of early 19th to 20th century artists, with special attention to their cultural contexts.
In academic year 2017, my article about former poet laureate Ted Hughes's idiosyncratic engagement with Shakespeare's Sonnets, entitled 'The Scar on the Face : Ted Hughes reads Shakespeare's Sonnets', was published in Hannah Crawforth, Elizabeth Scott-Baumann, and Clare Whitehead eds., The Sonnets : The State of Play (London : Bloomsbury Publishing, 2017).
I am currently collecting and analysing materials related to Romantic poets Samuel Taylor Coleridge and William Wordsworth's interpretations of Shakespeare for the 2nd and 3rd years of this research project.
I am also participating in the seminar 'Media Wars in Shakespearean Age and Our Time' (Coordinator : Professor Tianhu Hao, Zhejiang University), at the International Shakespeare Conference in July 2018, and I am preparing a seminar paper about Ernst Lubitsch's comedic interpretation of Shakespeare's plays.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 16:11:44  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Jul 29, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース