慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170059  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170059.pdf
Type :application/pdf Download
Size :115.6 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 136

Total downloads since Feb 21, 2019 : 136
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル スペインの植民地支配と人の移動 : ハバナの都市化と労働力の強制移動  
カナ スペイン ノ ショクミンチ シハイ ト ヒト ノ イドウ : ハバナ ノ トシカ ト ロウドウリョク ノ キョウセイ イドウ  
ローマ字 Supein no shokuminchi shihai to hito no idō : Habana no toshika to rōdōryoku no kyōsei idō  
別タイトル
名前 Migration and Spanish colonial rule : the role of the expelled carlistas in Havana's modernization  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 八嶋, 由香利  
カナ ヤシマ, ユカリ  
ローマ字 Yashima, Yukari  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
スペイン(セビーリャ)のインディアス総文書館に所蔵されているキューバ関係の資料を収集し, 調査した。その結果, 第一次カルリスタ戦争(1833~39年)中に捕虜となった兵士が数千人の規模でキューバの都市ハバナへ送られていたことが分かった。従来の研究では, イベリア半島中心部のラ・マンチャ地方出身の兵士については研究論文があるものの, それ以外の地域については全く知られていない。今回の調査結果から, カタルーニャ沿岸の港(バルセロナ, タラゴーナ)から全体の68%にあたる兵士が送られていることが判明した。また, ハバナ到着後に兵役や強制労働に従事した記録も残されている。ここからスペインがキューバにおける植民地支配を強化するにあたり, 新監獄の建設や軍用道路整備などへカルリスタ捕囚の労力が投入されていたことが分かった。今回の調査結果は, 2019年11月に開催されるスペイン史学会第40回大会「人の移動からスペインの近現代を再考する」において報告する予定である。
The grant enabled me to conduct an extensive research of Cuba-related documents at the General Archives at Seville, Spain. The research has revealed that thousands of soldiers who had been captured during the First Carlista War were sent to Havana, Cuba. Previous studies have only showed that there were such soldiers from La Mancha area in central Spain who were sent to the Caribbean island. Therefore this finding will shed new light on transatlantic migration of laborers which contributed greatly to Spain's empire building during the 19th century. The newly-found documents also demonstrate that the expelled soldiers (the Carlistas) were forced to work in the construction of new prisons and military roads, and they played a significant role in strengthening of Spain's colonial bridgehead. The results of the research will be reported at the upcoming conference of the Japan Association of Spanish History, scheduled in November, whose main theme is "Rethinking Spain's Modernity from the Perspective of Migration".
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:29  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:29  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (313) 1st
2位 個人・組織両面で... (311)
3位 DAOの法的地位と... (279)
4位 新自由主義に抗す... (277)
5位 「余白的コミュニ... (251)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (741) 1st
2位 大義ある未来 : ... (443)
3位 楽天とアマゾンの... (386)
4位 江藤名保子君学位... (336)
5位 戦時期マラヤ・シ... (321)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース