慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-2101-0092  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-2101-0092.pdf
Type :application/pdf Download
Size :982.1 KB
Last updated :Sep 6, 2023
Downloads : 502

Total downloads since Sep 6, 2023 : 502
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 日EU関係における「中国ファクター」  
カナ ニチ EU カンケイ ニ オケル「チュウゴク ファクター」  
ローマ字 Nichi EU kankei ni okeru "Chūgoku fakutā"  
別タイトル
名前 The "Chine factor" in Japan-EU relations  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鶴岡, 路人  
カナ ツルオカ, ミチト  
ローマ字 Tsuruoka, Michito  
所属 慶應義塾大学総合政策学部准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應SFC学会  
カナ ケイオウ SFC ガッカイ  
ローマ字 Keiō SFC gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
21  
1  
2021  
 
開始ページ 92  
終了ページ 113  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877385798  
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/003.00210001-0092
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
中国の台頭は国際関係全般の大きな関心事となり、それへの対応が、日EU関係にも影響を及ぼしている。いわゆる「中国ファクター」であり、この推移と背景を分析することが本稿の目的である。「中国ファクター」は、日EU関係の「阻害要因」だった時期・側面もあれば、「促進要因」となる時期・側面もある。全般としては、従来は日欧間の対中認識ギャップが大きかったことから阻害要因の要素が強かったものの、欧州における対中認識の悪化により対中認識ギャップが縮小し、促進要因としての比重が高まっている。
 
目次

 
キーワード
EU外交  

日本外交  

中国  

日EU関係  
NDC
 
注記
特集 古くて新しい総合政策学
招待論文 : 研究論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 06, 2023 10:33:13  
作成日
Dec 07, 2021 13:53:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 7, 2021    インデックス を変更
Sep 6, 2023    JaLCDOI,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 21(1) 2021
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース