慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO50001004-00350010-0169  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO50001004-00350010-0169.pdf
Type :application/pdf Download
Size :591.8 KB
Last updated :Aug 7, 2019
Downloads : 281

Total downloads since Aug 7, 2019 : 281
 
タイトル
タイトル Screening distance and ionized impurity scattering for holes in the warped and non-parabolic band  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 武田, 京三郎  
カナ タケダ, キョウザブロウ  
ローマ字 Takeda, Kyozaburo  
所属 Department of Instrumentation Eng., Faculty of Science and Technology, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 田口, 明仁  
カナ タグチ, アキヒト  
ローマ字 Taguchi, Akihito  
所属 Department of Instrumentation Eng., Faculty of Science and Technology, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 太田, 英二  
カナ オオタ, エイジ  
ローマ字 Ōta, Eiji  
所属 Department of Instrumentation Eng., Faculty of Science and Technology, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 坂田, 亮  
カナ サカタ, マコト  
ローマ字 Sakata, Makoto  
所属 Department of Instrumentation Eng., Faculty of Science and Technology, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学理工学部  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク リコウガクブ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku rikogakubu  
日付
出版年(from:yyyy) 1982  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio Science and Technology Reports  
翻訳  
35  
10  
1982  
12  
開始ページ 169  
終了ページ 184  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The screening distance for the ionized impurity potential surrounded by holes in the warped and non-parabolic valence band is obtained by using Dingle's self-consistent method.
By comparing this distance with the previously and commonly used distances RCW and RBH, we can discuss the relation of the two ionized impurity scattering theories i.e., the theory proposed by Conwell and Weisskopf (the CW model) and that proposed by Brooks and Herring (tne BH model). We have investigated the validity for each model.
The calculated drift mobility, in which the lattice scattering including the effect of non-polar optical phonons and the impurity scattering due to both ionized and neutral centers are taken into account, shows a good agreement with experimental results so far if the existence of three subbands and the interaction between those subbands would be considered.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 07, 2019 16:15:51  
作成日
Feb 05, 2015 14:21:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 7, 2019    著者,上位タイトル 名前 を変更
 
インデックス
/ Public / 理工学部 / Keio Science and Technology Reports / 35(1982) / 35(10) 198212
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース