慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00135710-00570001-0009  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00135710-00570001-0009.pdf
Type :application/pdf Download
Size :648.6 KB
Last updated :Jul 26, 2019
Downloads : 516

Total downloads since Jul 26, 2019 : 516
 
タイトル
タイトル サッカーの本質的な要素を高める為のトレーニングに関する一考察 : ボール奪取地点とシュート地点に着眼して  
カナ サッカー ノ ホンシツテキナ ヨウソ オ タカメル タメ ノ トレーニング ニ カンスル イチ コウサツ : ボール ダッシュ チテン ト シュート チテン ニ チャクガンシテ  
ローマ字 Sakka no honshitsutekina yoso o takameru tame no toreningu ni kansuru ichi kosatsu : boru dasshu chiten to shuto chiten ni chakuganshite  
別タイトル
名前 A study on training methods for improving essential factors in soccer focusing on two areas : where the ball was captured and where the attempt to score was made  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 須田, 芳正  
カナ スダ, ヨシマサ  
ローマ字 Suda, Yoshimasa  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 岩崎, 陸  
カナ イワサキ, アツシ  
ローマ字 Iwasaki, Atsushi  
所属 宇都宮短期大学附属高校教諭  
所属(翻訳) Teacher, Utsunomiya Junior College Attached High School  
役割  
外部リンク  

名前 松山, 博明  
カナ マツヤマ, ヒロアキ  
ローマ字 Matsuyama, Hiroaki  
所属 大阪成蹊大学マネージメント学部准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Management, Osaka Seikei University  
役割  
外部リンク  

名前 福士, 徳文  
カナ フクシ, ノリフミ  
ローマ字 Fukushi, Norifumi  
所属 慶應義塾大学体育研究所助教  
所属(翻訳) Research associate, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学体育研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク タイイク ケンキュウジョ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku taiiku kenkyujo  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 体育研究所紀要  
翻訳 Bulletin of the institute of physical education, Keio university  
57  
1  
2018  
1  
開始ページ 9  
終了ページ 17  
ISSN
02866951  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
To analyze the tactics and training methods employed by the K University soccer team over the span of two years, this study examined two seasons of league matches worth of goals scored and conducted a comparative analysis by focusing on where K University was able to seize control of the ball, or in other words, where K University's attack began and where they were able to attempted a shot on goal.
1) The findings of this study were influenced not only by counterattacks from within the side of the field that K University defended but also by attacks that required a higher level of strategy. These attacks originated in opponent territory by either capturing the ball there or regaining control over the ball after carrying it over to opponent territory and losing it there.
2) According to the data, successful attempts to score were all made from inside the penalty box as well as in front of and in the width of the opposing team's goal ; therefore, these areas should be considered while designing team training.
3) The findings suggest that in order for players to have a higher understanding of soccer strategy, consistency is needed on many levels throughout their training program. This growth in individual players will develop a team with a wider and more complex range of tactics.
 
目次

 
キーワード
サッカー  

パフォーマンス分析  

攻守の切り替え  

Soccer  

Performance Analysis  

Transition  
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 26, 2019 13:14:17  
作成日
Mar 20, 2018 09:10:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 20, 2018    インデックス を変更
Jul 26, 2019    出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 巻,著者,上位タイトル 開始ページ,上位タイトル 終了ページ,ISSN,ISBN,DOI を変更
 
インデックス
/ Public / 体育研究所 / 体育研究所紀要 / 57(1) (2018)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース