慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20230800-0015  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20230800-0015.pdf
Type :application/pdf 本文公開前
Size :4.1 MB
Last updated :Oct 31, 2023
Downloads : 0

Total downloads since Oct 31, 2023 : 0
 
本文公開日
2024-08-25  
タイトル
タイトル 仏教寺院は生き残れるのか  
カナ ブッキョウ ジイン ワ イキノコレルノカ  
ローマ字 Bukkyō jiin wa ikinokorerunoka  
別タイトル
名前 Can Buddhist temples survive in Japan?  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中島, 隆信  
カナ ナカジマ, タカノブ  
ローマ字 Nakajima, Takanobu  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
66  
3  
2023  
8  
開始ページ 15  
終了ページ 27  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
日本において進行中の地方の過疎化と都市部への人口集中は,檀家の減少と宗教活動の市場化を通じて日本の仏教寺院の足下を揺るがしている。日本仏教は法事と祈禱の二本立てで成立しているが,ともに原始仏教の教義という裏付けを持っていない点で本質的な問題を抱えている。2020年からのコロナ禍はこうした問題を白日の下にさらす結果となった。しかし,このことは仏教そのものの存在意義が失われたことを意味するものではない。いま仏教界に求められるのは,現代人の「救い」に対するニーズをくみ取り,仏教本来の教えを踏まえ,時代に即した宗教活動を展開することである。
 
目次

 
キーワード
日本仏教  

檀家制度  

過疎化  

コロナ禍  

ガバナンス  
NDC
 
注記
髙橋郁夫教授退任記念号
論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2023 14:34:19  
作成日
Oct 31, 2023 14:34:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 66 (2023) / 66(3) 202308
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース