慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20230800-0117  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20230800-0117.pdf
Type :application/pdf 本文公開前
Size :2.1 MB
Last updated :Oct 31, 2023
Downloads : 0

Total downloads since Oct 31, 2023 : 0
 
本文公開日
2024-08-25  
タイトル
タイトル 消費者の製品評価に与える広告音楽の効果 : 制御焦点理論による新曲 vs. 定番曲の検討  
カナ ショウヒシャ ノ セイヒン ヒョウカ ニ アタエル コウコク オンガク ノ コウカ : セイギョ ショウテン リロン ニ ヨル シンキョク vs. テイバンキョク ノ ケントウ  
ローマ字 Shōhisha no seihin hyōka ni ataeru kōkoku ongaku no kōka : seigyo shōten riron ni yoru shinkyoku vs. teibankyoku no kentō  
別タイトル
名前 Effects of music in advertising on brand evaluation : an examination of new vs. standard songs using regulatory focus theory  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小野, 晃典  
カナ オノ, アキノリ  
ローマ字 Ono, Akinori  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 小野, 雅琴  
カナ オノ, マコト  
ローマ字 Ono, Makoto  
所属 明治大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
66  
3  
2023  
8  
開始ページ 117  
終了ページ 131  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
広告音楽は,消費者の製品評価に影響を与える重要な構成要素であるものの,その効果はまだ十分には解明されていない。本研究は,馴染みのない「新曲」と馴染みのある「定番曲」のいずれを広告音楽として起用することが,広告対象製品に対する消費者のより好ましい評価に帰着するかということを,制御焦点理論に基づいて初めて検討した。2つの実験を行った結果,広告音楽として新曲を聴いた消費者は,その制御焦点が促進焦点的になり,広告メッセージが促進焦点的である場合に製品を好ましく評価する一方,広告音楽として定番曲を聴いた消費者は,その制御焦点が予防焦点的になり,広告メッセージが予防焦点的である場合に製品を好ましく評価する,ということが見出された。
Although music in advertising is an essential element for influencing consumer evaluations on advertised brands, its effects remain poorly understood. This study examines. for the first time based on regulatory focus theory, whether using unfamiliar "new music" or familiar "standard music" as music in advertising affects consumer evaluations on advertised product. The results of two experiments reveals that consumers' regulatory focus can be influenced by the music in advertising, and in turn consumers who exposed to the "new music" evaluate the product more favorably when the advertising message was promotion-focused, whereas consumers who exposed to the "standard music" evaluate the product more favorably when the advertising message was prevention-focused.
 
目次

 
キーワード
楽曲の馴染み (精通性)  

広告音楽と広告メッセージの適合性  
NDC
 
注記
髙橋郁夫教授退任記念号
論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2023 14:34:14  
作成日
Oct 31, 2023 14:34:14  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 66 (2023) / 66(3) 202308
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース