慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190379  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190379.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 166

Total downloads since Dec 16, 2022 : 166
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 音楽活動における身体の役割  
カナ オンガク カツドウ ニ オケル シンタイ ノ ヤクワリ  
ローマ字 Ongaku katsudō ni okeru shintai no yakuwari  
別タイトル
名前 The role of bodily movement in music activities  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 寺澤, 悠理  
カナ テラサワ, ユウリ  
ローマ字 Terasawa, Yuri  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では,認知科学的な観点から,ラップ活動を支える身体の役割を検討した。ラップとは,リズムに乗せて早口で語るダンス音楽のことであり,言語,音楽,身体動作が交差する活動である。ラップ中のラッパーの振る舞いを観察すると,彼らが常に手を動かしていることに気づく。これまで研究によれば,発話中の身体活動,特に発話に付随して産出される身振りが,発話産出を促進させることが明らかになっている (Kita et al., 2017)。また,StreeckとHnderson (2010)は,フリースタイル(即興型式)のラップを質的に分析した。彼らは,ラップ中の手の動きが,リズム,言葉のフロー(流れ)やライミング(頭韻や脚韻の連鎖によってリズムを作り出すこと)と関係していること見出し,手の動きが,そうしたパラ言語に影響を与えているのではないかと推測している。本研究では,Streeck and Henderson (2010)の観察をもとに,ラップ中の手の動きがラップの音響特性に影響を及ぼしているかどうかを検討する。
本調査には,2名のプロのラッパーが参加した。2名とも15年以上のラップ経験があり,全国的なフリースタイルラップの大会で優勝経験を有する。ラッパーは,以下の4つの条件下で,持ち歌を歌った。条件1:手の動き自由,トラックあり,条件2:手の動き自由,トラックなし,条件3:手の動き制約,トラックなし,条件4:手の動き制約,トラックあり。手の動き自由条件では,手の動きに関する教示は一切与えなかった。手の動き制約条件では,手を脇の下に挟み,他の身体部位も極力動かさず歌うように教示した。はじめに,2名が歌ったラップを書き起こし,各小節の声の強さ(intensity)と高さ(pitch),長さ(duration)を算出し,条件ごとの平均値,最大値を算出した。各小節を一つのデータポイントとし,それぞれの音響的数値を従属変数とし,一要因の分散分析を行った。その結果,音の強さの平均値,ピッチの最大値において条件の主効果がみられた。多重比較の結果,条件2と4は条件1と3よりも音の強さが強くかった。また,条件1は,他の3条件よりも,ピッチの最大値が高かった。このことから,ラップ中の手の動きが,ラップ活動に貢献していることが明らかにされた。
In this study, we examined how rapper's body movements enhance his rapping activity. Rapping is a musical form of vocal delivery that incorporates rhyme, rhythmic speech, and street vernacular. It is also an activity where language, music, and body movements intersect. We easily notice that rappers constantly move their hands while rapping. Studies have shown that body movements while speaking, especially hand gestures associated with speech, enhanced speech production (Kita et al., 2017). Streetk and Hnderson (2010) qualitatively analyzed improvised freestyle rap. They found that hand movements during rapping were related to rhythm, word flow and rhyming. From these observations, they speculated that hand movements have an effect on acoustic characteristics of rap. Based on observations made by Streetk and Henderson (2010), we investigated whether hand movements during rapping affect the acoustic characteristics of rap. To this end, two professional rappers participated in this study. Both have more than 15 years of rap experience and have won national freestyle rap competitions. The rappers sang their own songs under the following four conditions. Condition 1: Hand movement were allowed with a track, Condition 2: Hand movement were allowed without a track, Condition 3: Hand movement were not allowed without a track, Condition 4: Hand movement were not allowed with a track. Under free hand movement conditions (condition 1 and 2), no instruction on hand movement was given. In the hand movement constraint conditions (condition 3 and 4), we instructed to put their hands under their armpits and not moving other body parts as much as possible while rapping. We calculated the average and maximum values of the intensity, pitch, and duration ​​for each condition. As a result, a main effect of the condition was found in the average value of the intensity and the maximum value of the pitch. The multiple comparisons showed that the intensities in the conditions 2 and 4 were stronger than those in the conditions 1 and 3. In the condition 1, the maximum pitch was higher than in the other three conditions. These findings suggest that hand movements during rapping contribute to rap activity.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:56  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (442) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (408)
3位 新自由主義に抗す... (337)
4位 ガールクラッシュ... (285)
5位 石垣島の「エコツ... (247)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (752) 1st
2位 酢酸エステル類の... (637)
3位 インフルエンサー... (548)
4位 診療上の医師の注... (489)
5位 アーカイヴと思考... (471)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース