慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190240  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190240.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.0 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 62

Total downloads since Dec 16, 2022 : 62
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 次期スーパーカミオカンデ実験で始めるニュートリノ宇宙観測技術の基礎研究  
カナ ジキ スーパー カミオカンデ ジッケン デ ハジメル ニュートリノ ウチュウ カンソク ギジュツ ノ キソ ケンキュウ  
ローマ字 Jiki sūpā kamiokande jikken de hajimeru nyūtorino uchū kansoku gijutsu no kiso kenkyū  
別タイトル
名前 Research to improve a detection technique for neutrino astrophysics at the Super-Kamiokande experiment  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西村, 康宏  
カナ ニシムラ, ヤスヒロ  
ローマ字 Nishimura, Yasuhiro  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
スーパーカミオカンデでは、水中に硫酸ガドリニウムを溶かして、宇宙初期から続く超新星爆発で蓄積され空間に漂っているニュートリノの観測を目指している。本年度は硫酸ガドリニウムの溶解まで至ってはいないが、これから観測を始めるにあたって、ニュートリノ検出に重要な、バックグラウンドと検出光量に対して研究を行った。
バックグラウンドとして、水中に混入する放射性ラドンが低エネルギーのニュートリノ事象検出に対して障害となっていた。ラドン放出については、光検出器に使われる部材を調査していった。結果、光検出器自体ではなく、周辺の材料からの放出が認められた。
硫酸ガドリニウムの溶解は、反ニュートリノからの中性子を捕獲してニュートリノと反ニュートリノを識別することを目的とするが、将来の水チェレンコフ検出器では、検出光量が増えると硫酸ガドリニウムが無くともある程度の反ニュートリノ識別が可能になると見込まれる。そこで、光検出器の前面に取り付けられるアクリルのカバーの形状を、受光面が広がるよう円状から角状にし、また波長変換剤を混ぜることで、光検出器の検出感度波長帯に光量が増えるような、新しいアクリルカバーを試作した。
この評価のために、紫外光透過アクリル容器に水を入れ、宇宙線が透過するように上下に宇宙線カウンターを配置し、水からのチェレンコフ光が波長変換剤を混ぜたアクリルカバーに当たるようにした。そのアクリルカバーを装着した光検出器が、光を増光して捉えられるかどうかを空気中で測定して見積もった。結果、波長変換材で光が四方に発散し、光検出器にはうまく届かずに半減していた。追試として、小さな波長変換アクリル単体に紫外LEDを当てて測定したが、同様に発散していた。今回は全面に波長変換剤を混ぜたが、光検出器の前面ではなく周囲のみに絞って増光する必要がある。
At Super-Kamiokande, we are trying to observe neutrinos accumulated in supernova explosions from the early universe using gadolinium sulfate dissolved in water. Although the dissolution of gadolinium sulphate has not been reached this year, we conducted a study on the background and detected light intensity, which are important for neutrino detection.
As a background, radioactive radon in water has been an obstacle to detect low energy neutrino events. Regarding radon emission, we investigated the materials used for photodetectors. As a result, emission was confirmed not from the photodetector itself but from the surrounding material.
Dissolution of gadolinium sulphate aims to capture neutrons to distinguish anti-neutrinos from neutrinos. It is expected that neutrino discrimination will be possible in a future water Cherenkov detector with high photo-detection efficiency. Therefore, we tried to change the shape of the acrylic cover attached to the front surface of the photodetector from circular to square so that the light acceptance is maximized, while a wavelength shifting material is doped to increase the amount of detected light in the sensitivity wavelength region of the photodetector. A prototype was prepared for the evaluation.
For this evaluation, water was placed in an ultraviolet light transparent acrylic vessel. Cosmic ray counters were placed above and below the water so that cosmic rays could pass through, and Cherenkov light from water hit the acrylic cover with the wavelength shifting material. It was estimated in air by measuring the light amount detected by the photodetector equipped with that acrylic cover. As a result, the light diverged in all directions by the wavelength shifter, and it did not reach the photodetector well and was halved. This time, the wavelength shifter was mixed on the entire surface, but it is necessary to focus on only the surroundings, not the front surface of the photodetector, to increase the light intensity.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:36  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:36  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1649) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (762)
3位 Bidet toilet use... (540)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1055) 1st
2位 インフルエンサー... (501)
3位 石垣島の「エコツ... (439)
4位 興味が引き起こさ... (438)
5位 刑法における因果... (425)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース