慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190138  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190138.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.8 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 96

Total downloads since Dec 16, 2022 : 96
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 悪性胸膜中皮腫の生存、増殖、抗がん剤耐性機構の解明  
カナ アクセイ キョウマク チュウヒシュ ノ セイゾン、ゾウショク、コウガンザイ タイセイ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Akusei kyōmaku chūhishu no seizon, zōshoku, kōganzai taisei kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of the molecular mechanism of HEG1 in controlling proliferation of mesothelioma cell.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森脇, 康博  
カナ モリワキ, ヤスヒロ  
ローマ字 Moriwaki, Yasuhiro  
所属 慶應義塾大学薬学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
中皮腫は、アスベストの曝露が主要原因で発生する悪性腫瘍として大きな社会問題となっている疾患である。早期発見が困難であることから、我々は新規中皮腫マーカーを発見すべく研究を行い、中皮腫に対して極めて優れた特異性と感度を有する抗体(SKM9-2)の開発に成功した。また、その抗原が、ほとんど機能解析が行われていないムチン様タンパク質であるHEG1であることを同定した。更に、我々はHEG1のノックダウンまたは抗HEG1抗体により中皮腫細胞の増殖が抑制されることを見出した。そこで、本研究では、中皮腫細胞におけるHEG1シグナルの解析を行うことで、中皮腫に対する分子標的薬創製の礎を築くことを目的とした。SKM9-2ならびに、10種類以上のSKM9-2以外に新たに樹立した抗HEG1抗体を用いて、HEG1と相互作用する分子の同定を試みた。結果、増殖や分化のシグナル伝達に関与することが報告されているProtein-XがHEG1と相互作用することを新たに見出した。次に、Protein-Xを発現しHEG1を発現していないA431細胞を用いてHEG1安定発現細胞を樹立し、HEG1によるprotein-Xの局在変化ならびに中皮腫治療薬として使用されているシスプラチンへの抵抗性への影響についての解析を行った。結果、HEG1発現によりProtein-Xの局在変化ならびにシスプラチンへの抵抗性獲得が確認された。以上の結果より、HEG-1は中皮腫の増殖ならびに抗がん剤耐性にProtein-Xを介して関与している可能性が考えられた。現在、HEG1によるProtein-Xを介したシグナル伝達のより詳細な分子機序を解明するため、Biotin-Ligaseを用いた近接依存性標識法による解析を進めている。
Malignant mesothelioma is a fatal tumor caused by past exposure to asbestos. In Japan, mesothelioma due to asbestos exposure is a major public health problem. The prognosis for mesothelioma patients is very poor. Satisfactory recovery is often not possible with chemotherapy and/or radiotherapy. Therefore, a new effective anti-mesothelioma drug is urgently required. In previous study, we isolated a highly specific anti-mesothelioma mAb, SKM9-2. SKM9-2 recognizes the sialylated protein HEG homolog 1 (HEG1), a novel mucin-like membrane protein. Furthermore, we found HEG1 knockdown or anti-HEG1 antibody treatment suppressed proliferation of mesothelioma cells.
In the present study, we investigated the molecular mechanism of HEG1 in controlling proliferation of mesothelioma cell. Firstly, we explored novel factors, which interacts with HEG1 by co-immunoprecipitation assay. As the result, we found Protein-X which was reported to associate with cell proliferation and differentiation, interact to HEG1. Furthermore, A431 cell that expresses Protein-X but not HEG1, introduced with HEG1 gain the resistance to cisplatin an anti-tumor drug for mesothelioma. These results indicate interaction of HEG1 with Protein-X contributed in cell proliferation and anti-tumor drug resistance. To further understand molecular mechanism in depth, now we are analyzing HEG1 interacting protein by using proximity-labeling with engineered biotin-ligases.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:23  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (749) 1st
2位 出生率及び教育投... (630)
3位 『うつほ物語』俊... (445)
4位 新自由主義に抗す... (412)
5位 731部隊と細菌戦 ... (325)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2452) 1st
2位 家族主義と個人主... (1829)
3位 731部隊と細菌戦 ... (723)
4位 猫オルガンとはな... (471)
5位 新参ファンと古参... (462)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース