慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190013  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190013.pdf
Type :application/pdf Download
Size :110.1 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 111

Total downloads since Dec 16, 2022 : 111
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 現代美術における数学思想  
カナ ゲンダイ ビジュツ ニ オケル スウガク シソウ  
ローマ字 Gendai bijutsu ni okeru sūgaku shisō  
別タイトル
名前 Mathematical concept in modern arts  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 河添, 健  
カナ カワゾエ, タケシ  
ローマ字 Kawazoe, Takeshi  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
New Media Arts をいかに理解するか。とくに技術と芸術の差異はどこにあるのか?そしてそこに数学的な考え方が介在するのか?この問いに対する答えを求めるのが本研究の目的である。芸術とは何か?現代アートとはどのように進化しているのか?その視点から古典のウィーンと現代アートのシンガポールを訪ねた。ウィーンでは遠近法と細密画に注目し(ボッシュ、デューラー、フェルメール)、シンガポールではパブリック・アートやインドネシアの現代アートに注目した。
数学的な視点を探ることが課題である。遠近法や細密画などは数学的な理論が背景にあることは明らかだが、その後の芸靴の流れを追うとシュールレアリスムやミニマリズムあたりまでは数学的な背景を観ることができるが、現代アートとなると技術的であり、数学的な深みは感じられない。
今回、インドネシアの現代アートとボッシュの最後の審判を観てあることに気づいた。それは芸術と数学の共通性であり、技術との乖離である。一言で言えば社会性である。数学は応用数学から純粋数学まで幅広いが、本質は純粋数学と言える。つまり役立たない世界である。芸術もデザインを含めれば役立つものもあるが、本質は芸術家自身が追及するものもある。インドネシアの現代アートもボッシュもある意味では共通の視点である。明らかにNew Media Arts のアトラクション的な作品とは異なる。その差異は社会性を軸として理解することができる。今回の探求を通して、社会性を軸として、現代アートを見直すことができたことは大きな成果である。
How to understand New Media Arts. In particular, what is the difference between technology and arts? And is there a mathematical concept in modern arts? The purpose of this study is to find the answer to this question; that is, what is arts and how is contemporary arts evolving? From that perspective, I visited classical works in Vienna and contemporary arts in Singapore. In Vienna I focused on perspective and miniature paintings such as Bosch, Dürer, Vermeer, etc, and in Singapore I focused on public arts and contemporary arts in Indonesian.

The aim is to explore a mathematical perspective. It is clear that perspective and miniature paintings are based on some mathematical theories. However, if you follow the history of arts, then you can find the mathematical background up to surrealism and minimalism, but to contemporary arts I don't feel any mathematical depth, because they are technical.

I noticed similarity in Indonesian contemporary arts and Bosch's final judgement. It is a commonality between arts and mathematics, and a divergence from technology. In short, mathematics ranges from applied mathematics to pure mathematics, but the essence is pure mathematics. In other words, it is a useless world. Similarly, some arts is useful like design, while others are pursued by the artists himself. Indonesian contemporary arts and Bosch are, in a sense, a common perspective; not useful in real world. But, New Media Arts, attraction like works, are different. This difference can be understood with the axis of sociality. Through this quest, it is a great achievement that we can review contemporary arts by focusing on social aspects.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:22  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:22  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (506) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (456)
3位 新自由主義に抗す... (372)
4位 石垣島の「エコツ... (275)
5位 ガールクラッシュ... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (788) 1st
2位 酢酸エステル類の... (578)
3位 アルコール発酵の... (498)
4位 インフルエンサー... (491)
5位 アーカイヴと思考... (436)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース