慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180292  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180292.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.8 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 135

Total downloads since Oct 24, 2022 : 135
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 競走馬の運動学的・運動力学的特徴量の抽出と可視化  
カナ キョウソウバ ノ ウンドウガクテキ・ウンドウ リキガクテキ トクチョウリョウ ノ チュウシュツ ト カシカ  
ローマ字 Kyōsōba no undōgakuteki undō rikigakuteki tokuchōryō no chūshutsu to kashika  
別タイトル
名前 An extraction and visualization of the kinematical and kinetical characteristics on the race horse galloping  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 仰木, 裕嗣  
カナ オオギ, ユウジ  
ローマ字 Ohgi, Yuji  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は,競走馬の疾走時における歩容の解明の第一歩として,そもそも競走馬の走りに個体差があるのか?個体差があるとすればそれはどこに表出されるのか?ということを明らかにし,さらには個体差があるとすればそれが走りという競走馬のパフォーマンスと関係しているのかを明らかにすることを最終的な目的にしている.その先には,そこに騎乗する騎手とウマの動作との関連があると考え,最終的には最速の走りを達成する騎手とウマとの組み合わせを明らかにするものである.初年度に行った研究活動では競馬場において疾走する競走馬の映像の高速度撮影映像から,各ウマの歩容ともいうべき,四肢の遊脚時間,立脚時間を求めることを行った.レース場での撮影には様々な困難がつきまとうが,JRA競走馬総合研究所の協力のもと,新潟競馬場において行われたレースのゴール付近を正面から,高速度カメラによって撮影し,1完歩を完全に収録できた全頭数について,解析を行った.くわえて,過去に撮影された東京競馬場におけるレース映像もくわえて解析データを追加した.その結果,四肢の遊脚期・立脚期には明らかな個体差が存在することが明らかになった.疾走する速度とピッチによってその時間は異なるが,これを1完歩時間で標準化した場合においても明らかな個体差が存在することが明らかになった.次に,この四肢の遊脚期と立脚期の時間,または時間割合を変量として階層型クラスター分析を行なった結果,収録したウマの集団には6つのクラスターが存在しそうであることがわかった.なかでも特に優秀なウマでG1レースを制したこともある履歴をもつウマが同じクラスター内に存在することから,歩容の特徴とパフォーマンスには関係がある可能性が示唆された.今後は運動学的な歩容特徴から,運動力学的な動作原理の解明に向けての研究を進める予定である.
This study focuses on the gait of the race horses in their top speed galloping in the race. Do they have any individual differences on their four limbs movement? If they had any difference, how it appears in their galloping form? The final purpose is to clarify that and, if there are individual differences, to determine whether it is related to the performance of the racehorse of running. Beyond that, we believe that there is a relationship between the jockey and the horse's movement, and finally identify the combination of the jockey and the horse that will achieve the fastest run. In the research activities conducted in the first year, we calculated the swing and stance phase duration of four limbs from high-speed video images of racehorses racing at the racetrack. There are various difficulties in shooting at the racetrack, but with the cooperation of the JRA Racehorse Research Institute, we conducted our experiment at the Niigata Racecourse Stadium with a high-speed camera to shoot around the goal line. The analysis was carried out on the total number of horses that could fully record of their one single gait cycle.
In addition, analysis data was added in addition to the race video at Tokyo Racecourse, which was photographed in the past. As a result, it became clear that there were distinct individual differences in the swing phase and stance phase of all four limbs. Although the time varies depending on the speed and pitch, it has become clear that there is a individual difference even when this is standardized by one single gait cycle. Next, as a result of conducting hierarchical cluster analysis with the swing and stance phases time or the time ratio of these limbs as variables, it was found that there are likely to be six clusters in the recorded horse population. Above all, horses that have a history of winning the G1 race with particularly excellent horses are in the same cluster, suggesting a possible relationship between gait characteristics and performance. In the future, we plan to conduct research for elucidating kinematical motion principles from kinematic gait features.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:17  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1649) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (762)
3位 Bidet toilet use... (540)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1055) 1st
2位 インフルエンサー... (501)
3位 石垣島の「エコツ... (439)
4位 興味が引き起こさ... (438)
5位 刑法における因果... (425)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース