慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K19622seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K19622seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :241.6 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 486

Total downloads since May 17, 2022 : 486
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 自殺遺伝子CD-UPRTゲノム編集iPS細胞を用いた遺伝子治療  
カナ ジサツ イデンシ CD-UPRT ゲノム ヘンシュウ iPS サイボウ オ モチイタ イデンシ チリョウ  
ローマ字 Jisatsu idenshi CD-UPRT genomu henshū iPS saibō o mochiita idenshi chiryō  
別タイトル
名前 Gene therapy using genome-edited iPS cells with CD-UPRT for malignant glioma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 戸田, 正博  
カナ トダ, マサヒロ  
ローマ字 Toda, Masahiro  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20217508
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
悪性グリオーマは予後不良の脳腫瘍であり、腫瘍幹細胞 (BTSC) はびまん性に浸潤する性質を有する。神経幹細胞(NSC)は、脳腫瘍へ遊走する性質を持ち、治療遺伝子を搭載する運搬体として注目される。本研究では、浸潤性BTSCの根絶を目指して iPS細胞から分化誘導したNSCを用いた自殺遺伝子細胞治療の開発を行った。ゲノム編集技術を利用して、iPS細胞への治療遺伝子yCD-UPRTの挿入部位を最適化し、優れた治療用NSCへ分化誘導することに成功した。その後、BTSCへの治療効果を評価し、顕著な効果を得た。本研究は、ゲノム編集技術と遺伝子細胞療法を組み合わせた革新的治療戦略と考える。
Glioblastoma is characterized by diffuse infiltration into the normal brain. Invasive glioma stem cells (GSCs) is an underlying cause of treatment failure. Here we show that neural stem cells (NSCs) derived from CRISRP/Cas9-edited human induced pluripotent stem cell (hiPSC) expressing a suicide gene had high tumor-trophic migratory capacity, leading to marked in vivo anti-tumor effects. Time-lapse imaging of organotypic brain slice cultures first visualized the directional migration of NSCs toward GSCs and the bystander killing effect. The gene insertion to house-keeping gene locus provided higher and stable transgene expression than other common insertion sites. Our results indicate the potential benefit of NSC-based gene therapy for invasive GSCs. Furthermore, the present research concept may become a platform to promote clinical studies using hiPSC.
 
目次

 
キーワード
glioblastoma  

gene therapy  

suicide gene  

neural stem cell  

CD-UPRT  

migration  

genome-editing  

CRISPR/Cas9  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K19622
研究分野 : 脳神経外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:32  
作成日
May 17, 2022 13:23:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース