慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K22568seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K22568seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :494.1 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 303

Total downloads since May 17, 2022 : 303
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 癌細胞シグナル活性化因子14-3-3ζを標的とした新規膵臓癌治療薬の開発  
カナ ガン サイボウ シグナル カッセイカ インシ 14-3-3ζ オ ヒョウテキ ト シタ シンキ スイゾウガン チリョウヤク ノ カイハツ  
ローマ字 Gan saibō shigunaru kasseika inshi 14-3-3ζ o hyōteki to shita shinki suizōgan chiryōyaku no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of new therapeutic agents for pancreatic cancer targeting 14-3-3dzeta  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐谷, 秀行  
カナ サヤ, ヒデユキ  
ローマ字 Saya, Hideyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80264282

名前 齋藤, 潤  
カナ サイトウ, ジュン  
ローマ字 Saitō, Jun  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80837378

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
申請者は数年前よりBenzaldehyde(BA)という芳香族アルデヒドのがん細胞抑制効果に注目してその作用機序の解明を行ってきた。その結果、BAは正常細胞には細胞傷害性をほとんど示さず、膵臓がん細胞BxPC3、肺がん細胞株A549などに対して顕著な腫瘍抑制効果を示し、その機構として14-3-3ζがクライアント蛋白のリン酸化部分に結合するのを阻害することを見出した。本研究では、分子標的薬や放射線治療に耐性になった細胞では14-3-3ζの標的であるAxlが上昇することに着目し、その発現をBAが抑制することで耐性克服効果があることを見出した。
We have been elucidating the mechanism of action by focusing on the cancer cell-suppressing effect of aromatic aldehyde called Benzaldehyde (BA) for several years. As a result, BA showed no cytotoxicity to normal cells and showed a remarkable tumor suppressive effect on pancreatic cancer cell BxPC3, lung cancer cell line A549, etc. BA was found to inhibit the binding of 14-3-3ζ to the phosphorylated moiety of its client protein. In this study, we focused on Axl, which is one of the client proteins of 14-3-3ζ, because Axl is increased in cells which become resistant to molecular-targeted drugs and radiotherapy. We found that BA suppresses Axl expression and may have a tolerance-overcoming effect.
 
目次

 
キーワード
14-3-3ζ  

ベンズアルデヒド  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K22568
研究分野 : 腫瘍生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:23  
作成日
May 17, 2022 13:23:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース