慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K08526seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K08526seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.1 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 223

Total downloads since May 17, 2022 : 223
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸管内胆汁酸代謝制御による新規肥満・糖尿病治療法の開発  
カナ チョウカンナイ タンジュウサン タイシャ セイギョ ニ ヨル シンキ ヒマン・トウニョウビョウ チリョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Chōkannai tanjūsan taisha seigyo ni yoru shinki himan tōnyōbyō chiryōhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Novel therapy for obesity and diabetes through intestinal bile acid metabolism  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 入江, 潤一郎  
カナ イリエ, ジュンイチロウ  
ローマ字 Irie, Jun'ichirō  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70306687
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
肥満・糖尿病の病態において、腸管内の胆汁酸代謝の変化が、腸内細菌叢とその代謝産物に偏りを生じさせ、その結果、インスリン抵抗性の病態が惹起されていることを示した。エネルギー糖代謝異常症において、腸内細菌叢の組成を決定する因子としての胆汁酸、ならびにその腸管内での胆汁酸代謝の重要性を明らかにした。高脂肪食による肥満・糖尿病の発症に、食事誘導性胆汁酸外分泌の増加が腸内細菌叢の偏倚を惹起し、変化した腸内細菌叢によりさらに新たな胆汁酸代謝が生じるとする、糖エネルギー代謝異常症の新たな病態の解釈が可能となった。
We have shown that the changes in bile acid metabolism in the intestinal tract cause a deviation in the intestinal microbiota and their function to metabolize the intestinal contents, resulting in the pathophysiology of obesity and diabetes. It was revealed that intestinal bile acids have important roles to determine the composition of the intestinal microbiota and the metabolism of bile acids in the intestine in subjects with obesity and diabetes. The increase in a high-fat diet-induced bile acid secretion would cause the deviation in the intestinal microbiota and the altered intestinal microbiota would make further changes in bile acid metabolism in the initiation of high-fat diet-induced obesity and diabetes in animals and humans.
 
目次

 
キーワード
肥満症治療  

腸内環境  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K08526
研究分野 : 糖エネルギー代謝異常症
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:25  
作成日
May 17, 2022 13:20:25  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (726) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (463)
3位 新自由主義に抗す... (405)
4位 731部隊と細菌戦 ... (352)
5位 二〇二三年度三田... (291)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2453) 1st
2位 家族主義と個人主... (1856)
3位 731部隊と細菌戦 ... (607)
4位 猫オルガンとはな... (494)
5位 新参ファンと古参... (417)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース