慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0005  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0005.pdf
Type :application/pdf Download
Size :128.9 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 26

Total downloads since Mar 28, 2022 : 26
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ディッシュ型金属製細胞培養器を利用した幹細胞の成熟化  
カナ ディッシュガタ キンゾクセイ サイボウ バイヨウキ オ リヨウシタ カンサイボウ ノ セイジュクカ  
ローマ字 Disshugata kinzokusei saibō baiyōki o riyōshita kansaibō no seijukuka  
別タイトル
名前 Stem cell maturation using a dish-type metal cell incubator  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小茂鳥, 潤  
カナ コモトリ, ジュン  
ローマ字 Komotori, Jun  
所属 慶應義塾大学理工学部  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
最近では,医療分野における治療法に新たなものが多数導入されている.これまでの治療は対症療法が中心であったが,それに満足する時代は終わりを迎え,患部の根本的な治 癒を目指した再生医療が注目されている.この再生医療は,ドナー不足などの問題を抱えている臓器移植の代替にもなることから,幅広い実用化への期待も大きい.
本研究の過年度までの成果を以下に示す.
(1)通常は高分子製のディッシュを用いて実施する細胞培養操作を,Ti-6 Al-4V合金ELI 材で作製したディッシュを用いても問題無く実施 できることを明らかにした.
(2)チタン合金製ディッシュの底面にペルチェ素子を貼り付け,それにより,培養面の温度を±0.1℃の精度で制御可能なことを示した.現在は,熱刺激を付与が細胞の増殖性にどのような影響を及ぼすかについて検討している状況である.
(3)チタン合金製ディッシュの底面に圧電素子を貼り付け,それに電圧を印加することにより,培養面を励振する装置を作製した.されそれを利用して,培養面の固有振動モードを制御することが可能なことを示した.また,FEM 解析により,固有振動モードの腹を制御するパターンを解析し,それが実現可能なことを示した.
(4)種々の熱刺激を付与しながら,正常ヒト皮膚繊維芽細胞(NHDF)および乳がん細胞(MCF-7)の培養を行った.その結果,両者は熱に 対する応答が大きく異なることが明らかとなった.具体的には,正常細胞と比較して,乳がん細胞は熱に対する耐性に劣る可能性が示された.
今後はこれらの成果を活用し,チタン合金を利用した幹細胞の成熟化と細胞シート作製技術の開発に取り組む予定である.
Recently, many new treatment methods have been introduced in the medical field. Previous treatments have focused on symptomatic treatment. However, the era of satisfaction has come to an end, and regenerative medicine aimed at radical healing of the affected area is drawing attention.
A summary of the results is shown below.
(1)It was clarified that the cell culture operation, which is usually carried out using a polymer dish, can be carried out without any problem even if a dish made of Ti-6 Al-4V alloy ELI material is used.
(2) It was shown that the temperature of the culture surface can be controlled with an accuracy of ± 0.1 ° C by attaching a Peltier element to the bottom surface of the titanium alloy dish. Now, we are investigating how the application of thermal stimulation affects the proliferation of cells.
(3)A piezoelectric element was attached to the bottom surface of a titanium alloy dish, and a voltage was applied to the piezoelectric element to excite the culture surface. And we showed that it is possible to control the natural vibration mode of the culture surface by using it. In addition, FEM analysis analyzed the pattern that controls the antinode in the natural vibration mode, and showed that it is feasible.
(4)Normal human skin fibroblasts (NHDF) and breast cancer cells (MCF-7) were cultured while applying various thermal stimuli. It was clarified that the response to heat was significantly different between the two. Specifically, it was shown that breast cancer cells may be less resistant to heat than normal cells. 
We plan to utilize these results to work on the maturation of stem cells and the development of cell sheet preparation technology using titanium alloys.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:44  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (296) 1st
2位 新自由主義に抗す... (272)
3位 DAOの法的地位と... (209)
4位 個人・組織両面で... (206)
5位 「余白的コミュニ... (194)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 戦時期マラヤ・シ... (541) 1st
2位 Le nô Kinuta, l... (423)
3位 ビルマ戦線と憲兵... (356)
4位 人と違っててもい... (283)
5位 新自由主義に抗す... (264)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース