慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K06237seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K06237seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :81.1 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 242

Total downloads since Mar 5, 2021 : 242
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ガイド波によるワイヤロープの非破壊評価  
カナ ガイドハ ニ ヨル ワイヤロープ ノ ヒハカイ ヒョウカ  
ローマ字 Gaidoha ni yoru waiyarōpu no hihakai hyōka  
別タイトル
名前 Non-destructive evaluation of wire-ropes by using guided waves  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉浦, 壽彦  
カナ スギウラ, トシヒコ  
ローマ字 Sugiura, Toshihiko  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70265932
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ワイヤロープの非破壊評価手法確立のために,累積的高調波を含む非線形ガイド波に着目し,長距離伝播時の動力学的な挙動の解明を目指した.まず,累積的高調波について,非線形連成と減衰の効果を考慮し,伝播モードの直交性と多重尺度法を用いた理論解析によりその挙動を解明し,数値解析および実験によりこれを検証した.つぎに,材質や厚さの異なる領域に入射するガイド波のモード変換の理論解析と実験により,振動形態や伝播速度の変化を確認した.さらに電磁超音波探触子EMATについて,ガイド波入力モードの選択的励振を解析で明らかにし,その結果を有限要素解析と実験により検証した.
In order to establish a non-destructive evaluation method for wire ropes, we focused on nonlinear guided waves including cumulative harmonics and aimed to clarify the dynamic behavior during long-distance propagation. First, considering the effects of nonlinear coupling and damping, the behavior of cumulative harmonics was clarified by theoretical analysis using orthogonality of propagation modes and multiscale method, and verified by numerical analysis and experiments. Next, changes in the vibration mode and propagation velocity were confirmed by theoretical analysis and experiments of mode conversion of guided waves incident on regions of different materials and thickness. Furthermore, for the electromagnetic acoustic transducer EMAT, selective excitation of guided wave input modes was clarified by analysis, and the results were verified by finite element analysis and experiments.
 
目次

 
キーワード
振動学  

超音波  

非破壊評価  

ガイド波  

ワイヤロープ  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K06237
研究分野 : 振動・波動, 超音波応用
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:36  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:36  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース