慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20200701-0013  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20200701-0013.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.0 MB
Last updated :Oct 26, 2021
Downloads : 2046

Total downloads since Oct 26, 2021 : 2046
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 北前船主系汽船船主の多角的経営展開 : 廣海二三郎家を事例として  
カナ キタマエ センシュケイ キセン センシュ ノ タカクテキ ケイエイ テンカイ : ヒロウミ ニサブロウ ケ オ ジレイ ト シテ  
ローマ字 Kitamae senshukei kisen senshu no takakuteki keiei tenkai : Hiroumi Nisaburō ke o jirei to shite  
別タイトル
名前 Diversified management development of the steamship owner originating from Kitamae-ship owner : the case of the family of Hiroumi Nisaburo  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中西, 聡  
カナ ナカニシ, サトル  
ローマ字 Nakanishi, Satoru  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keiō gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
113  
2  
2020  
7  
開始ページ 159 (13)  
終了ページ 239 (93)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20200701-0013
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿は, 近代期に汽船経営と鉱山経営に展開した廣海二三郎家の多角的経営を明らかにする。19世紀の廣海家は, 船持商人として大きな利益を上げたが, 地域間価格差が縮小するとともに19世紀末にその利益率は減少した。そこで廣海家は硫黄鉱山経営へ展開したが, 安定した収益源にはならず, 結果的に汽船を購入して貸船経営を行うことで, 第一次世界大戦期に経営を拡大した。その後は, 有価証券投資により有力な資産家となり, 寄付活動を通して地域社会に貢献した。
This research analyzed the diversified management development of the family of HIROUMI Nisaburo, who managed a steamship and mining business. In the 19th century, the family, as a merchant ship owner, generated a lot of profit. However, its profit rate declined at the end of the 19th century with a reduction in the price differential between areas. At the beginning of the 20th century, the family started a sulfur mining business, but its profits were unstable. Later, the family purchased steamships and lent them to others. Therefore, its management scale increased during World War I (WWI). Afterwards, the HIROUMI family became an influential and wealthy family due to its investment in securities and it contributed to the local society in which it lived by making donations.
 
目次

 
キーワード
個人汽船船主  

不定期船  

硫黄鉱業  

地方資産家  

北前船  

personal steamship owner  

irregular liner  

sulfur mining  

local wealthy family  

Kitamae-ship  
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 26, 2021 15:35:42  
作成日
Dec 15, 2020 14:26:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 15, 2020    インデックス を変更
Jul 1, 2021    本文,出版者 ローマ字,抄録 内容 を変更
Oct 26, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 113 (2020) / 113(2) 202007
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (437) 1st
2位 新自由主義に抗す... (371)
3位 In-vivo kinemati... (303)
4位 石垣島の「エコツ... (292)
5位 Open-domain dial... (250)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (933) 1st
2位 酢酸エステル類の... (602)
3位 興味が引き起こさ... (499)
4位 インフルエンサー... (494)
5位 刑法における因果... (422)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース