慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K14148seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K14148seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :323.1 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 294

Total downloads since Oct 31, 2019 : 294
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 分子動力学シミュレーションを用いた電界共役流体の物性値の決定と流動理論の構築  
カナ ブンシ ドウリョクガク シミュレーション オ モチイタ デンカイ キョウヤク リュウタイ ノ ブッセイチ ノ ケッテイ ト リュウドウ リロン ノ コウチク  
ローマ字 Bunshi dōryokugaku shimyurēshon o mochiita denkai kyōyaku ryūtai no busseichi no kettei to ryūdō riron no kōchiku  
別タイトル
名前 Development of flow theory of electro-conjugate fluid based on the calculation of physical properties using molecular dynamics simulation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹村, 研治郎  
カナ タケムラ, ケンジロウ  
ローマ字 Takemura, Kenjirō  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90348821
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
電圧の印加によって流動するデカン二酸ジブチルを対象として流動理論の構築を目指した.Korteweg-Helmholtz式で計算される電気力をナビエストークス方程式に導入し流動の支配方程式を決定し,式に現れるイオン移動度を分子動力学計算を用いて算出した.これにより,流動発生に有効な電極配置を求め,実験結果と比較した.すなわち,四角柱とスリットによって構成される電極対を用いた際に電極の配置が発生する流動に与える影響を計算機内で検証し,計算結果に基づいて製作した電極対を用いて流動を可視化した.この結果,四角柱とスリットの距離およびスリット間隔の適切な値を明らかにし,流動変化の要因を明確にした.
This research aimed to construct a flow theory for dibutyl decanedioate which flows under the application of voltage. The electric force calculated by the Korteweg-Helmholtz equation was introduced to the Navier-Stokes equation to establish the governing equation of flow, and the ion mobility appearing in the equation was calculated using molecular dynamics simulation. Thus, the effective electrode arrangement for flow generation was estimated and compared with the experimental results. The influence of the arrangement of the electrodes on the flow generated when using the electrode pair constituted by the square pole and the slit was verified in a computer, and the flow was visualized using the electrode pair designed based on the calculation result. As a result, appropriate values of the distance between the square pole and the slit and the slit spacing were clarified, and the factors of the flow change were clarified.
 
目次

 
キーワード
電気流体力学現象  

分子動力学  

イオン移動度  

電界共役流体  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K14148
研究分野 : 機械工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (984) 1st
2位 故意犯と過失犯の... (794)
3位 慶應義塾大学日吉... (724)
4位 731部隊と細菌戦 ... (456)
5位 新自由主義に抗す... (436)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (806) 1st
2位 刑法における因果... (747)
3位 インフルエンサー... (617)
4位 731部隊と細菌戦 ... (577)
5位 酢酸エステル類の... (565)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース