慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K08720seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K08720seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :95.2 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 297

Total downloads since Oct 31, 2019 : 297
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 複数臓器がんのメチロームデータの横断的解析  
カナ フクスウ ゾウキガン ノ メチローム データ ノ オウダンテキ カイセキ  
ローマ字 Fukusū zōkigan no mechirōmu dēta no ōdanteki kaiseki  
別タイトル
名前 Cross-organ analysis of DNA methylation alteration during multi-organ carcinogenesis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新井, 恵吏  
カナ アライ, エリ  
ローマ字 Arai, Eri  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40446547

名前 金井, 弥栄  
カナ カナイ, ヤエ  
ローマ字 Kanai, Yae  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 尾原, 健太郎  
カナ オハラ, ケンタロウ  
ローマ字 Ohara, Kentarō  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 後藤, 政広  
カナ ゴトウ, マサヒロ  
ローマ字 Gotō, Masahiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
複数臓器がんで共通してDNAメチル化亢進を示す遺伝子は、エピジェネティックに制御され細胞分化に寄与する遺伝子であり、これらが共通して発がんにおけるエピゲノム異常の標的になっていると考えられた。エピジェネティック機構による細胞の分化状態の破綻が、複数臓器で共通する発がんのメカニズムである可能性が示唆された。
胃がんを他臓器がんから識別でき、原発不明がんの臓器診断に有用なDNAメチル化診断指標を同定した。同指標のDNAメチル化状態は非がん胃にも共通して観察されることから、胃の臓器特異的なDNAメチル化プロファイルががんでも保持されたものと考えた。
Genes encoding transcription factors involved in development and differentiation are commonly methylated in multiple organ cancers. Disruption of the differentiated state may be a common feature of DNA methylation alterations during carcinogenesis. Gastric carcinoma-specific DNA hypermethylation was identified based on methylome analysis of multiple organs. Our criteria may be useful for detecting the primary organ in cases of cancer of unknown primary site. Specific DNA hypermethylation was not observed only in gastric carcinoma but also in noncancerous gastric tissue. Specific DNA hypermethylation may not occur cancer-specific but organ-specific, and not be a functional event but a surrogate marker for gastric tissue.
 
目次

 
キーワード
DNAメチル化  

発がん  

臓器共通性  

胃がん  

臓器特異性  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K08720
研究分野 : 分子病理学、疾患エピゲノム
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:15:10  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース