慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H05009seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H05009seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :521.1 KB
Last updated :Aug 28, 2023
Downloads : 294

Total downloads since Aug 28, 2023 : 294
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 急性生体侵襲下における単球系細胞の機能解析と組織傷害関連物質 (DAMPs) の制御  
カナ キュウセイ セイタイ シンシュウカ ニ オケル タンキュウケイ サイボウ ノ キノウ カイセキ ト ソシキ ショウガイ カンレン ブッシツ (DAMPs) ノ セイギョ  
ローマ字 Kyūsei seitai shinshūka ni okeru tankyūkei saibō no kinō kaiseki to soshiki shōgai kanren busshitsu (DAMPs) no seigyo  
別タイトル
名前 Functional analysis of monocyte-lineage blood cells and control of damage-associated molecular patterns (DAMPs) under the whole-body responses to injury/illness  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 並木, 淳  
カナ ナミキ, ジュン  
ローマ字 Namiki, Jun  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・客員准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20189195

名前 鈴木, さゆり  
カナ スズキ, サユリ  
ローマ字 Suzuki, Sayuri  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 林田, 敬  
カナ ハヤシダ, ケイ  
ローマ字 Hayashida, Kei  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 渋沢, 崇行  
カナ シブサワ, タカユキ  
ローマ字 Shibusawa, Takayuki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 多村, 知剛  
カナ タムラ, トモヨシ  
ローマ字 Tamura, Tomoyoshi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 石濱, 泰  
カナ イシハマ, ヤスシ  
ローマ字 Ishihama, Yasushi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
重症外傷患者の末梢血単球で一過性のHLA-DR発現低下がみられ、外傷後の予後を悪化させる易感染性状態を反映した反応と考えられた。重症sepsis患者では単球の傷害を示すHistone H3のリン酸化が認められ、生体侵襲後の細胞崩壊の指標となり得ることが示唆された。
組織傷害関連物質 (DAMPs) が生体侵襲後に血中に遊離し、予後を悪化させることが知られている。Sepsis患者ではHMGB-1 とtotal Histone H3が病状悪化に関係し、鈍的肝損傷モデルマウスを用いた検討では特にtotal Histone H3がDAMPs制御のターゲットの一つになると考えられた。
Expression of HLA-DR temporary decreased in peripheral monocytes of patients with severe trauma, suggesting that a response reflecting the compensatory anti-inflammatory response syndrome that worsen the prognosis after trauma. Phosphorylation of Histone H3 was observed in monocytes of severe sepsis patients and may be an indicator for broken monocytes after the whole-body responses to injury/illness.
It is known that damage-associated molecular patterns (DAMPs) release into the bloodstream after the whole-body responses to injury/illness and worsen the prognosis. HMGB-1 and total Histone H3 related to poor prognosis in septic patients. Our study of liver injury model mice showed especially total Histone H3 may be a target molecule for control of DAMPs.
 
目次

 
キーワード
生体侵襲  

ヒストン  

敗血症  

肝損傷  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2015~2018
課題番号 : 15H05009
研究分野 : 救急医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 28, 2023 15:08:10  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:49  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Aug 28, 2023    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース