慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000003-20170367  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000003-20170367.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.8 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 191

Total downloads since Feb 22, 2019 : 191
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 成体心筋細胞の「若返り」を目指した新しい心筋再生法の開発  
カナ セイタイ シンキン サイボウ ノ 「ワカガエリ」 オ メザシタ アタラシイ シンキン サイセイホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Seitai shinkin saibō no "wakagaeri" o mezashita atarashii shinkin saiseihō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Cardiac regeneration by cardiomyocyte proliferation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 家田, 真樹  
カナ イエダ, マサキ  
ローマ字 Ieda, Masaki  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
心筋細胞は胎児期に活発に増殖するのに対して, 生後は増殖能力を失ない終末分化細胞となる。成体心筋細胞の「若返り」を目指して, 成体に発現せず胎児期心筋に特異的に発現する転写因子をマイクロアレイで抽出した。その結果, 24の転写因子が胎児期心筋に特異的に発現し候補因子となることを確認した。これら遺伝子をレンチウイルスベクターで生後ラット培養心筋細胞に導入して, 心筋増殖を誘導する遺伝子をスクリーニングした。その結果, 新規転写因子Xにより心筋増殖が2倍に上昇することを見出した。さらに転写因子Xを発現するアデノ随伴ウイルスベクター(AAV-X)の作製に成功した。AAV-Xをマウス生体内に導入したところXの高発現をmRNAおよび蛋白レベルで確認できた。さらに1か月後のadultマウス心臓でBrdU assayを行ったところ, 興味深いことに成体心筋細胞でBrdU陽性の増殖する心筋細胞を確認できた。一方, 陰性対照では増殖心筋細胞は観察できなかった。以上より生体内においても新規転写因子Xにより成体心筋細胞の増殖・若返りの可能性が示唆された。今後さらに心筋梗塞モデルやTgマウスモデルでXによる心筋増殖の分子機構, 再生医療への応用を検討する予定である。
Heart muscle cells are terminally differentiated cells, and myocardial injury leads to heart failure. New therapy is highly demanded. We sought to determine the factor that can proliferate cardiomyocytes in vitro and in vivo. We screened 24 factors that express in embryonic cardiomyocytes. We found that factor X can induce cardiomyocyte proliferation in rat neonatal cardiomyocytes in vitro. We next developed AAV vectors expressing X constitutively. AAV-X injection into neonatal mouse revealed that cardiomyocytes could proliferate in vivo. We are now extending our research to adult myocytes and hearts after myocardial injury for heart regeneration therapy.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 13:40:20  
作成日
Feb 21, 2019 16:15:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース