慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170245  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170245.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.6 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 262

Total downloads since Feb 21, 2019 : 262
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 韓国における実践宗教の現代的展開 : 太極道を事例として  
カナ カンコク ニ オケル ジッセン シュウキョウ ノ ゲンダイテキ テンカイ : タイキョクドウ オ ジレイ トシテ  
ローマ字 Kankoku ni okeru jissen shūkyō no gendaiteki tenkai : taikyokudō o jirei toshite  
別タイトル
名前 Contemporary development of practical religion in Korea : case of the way of supreme ultimate  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 樫尾, 直樹  
カナ カシオ, ナオキ  
ローマ字 Kashio, Naoki  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
朝鮮道教の歴史は, 19世紀で終焉しているという韓国の中心的研究者の説があるが, それ以降の東学や国仙道, 大倧教等の道教系新宗教運動や, 近年の丹道やイルチブレインといった現代霊性運動=文化を鑑みるに, 現代でも脈々と持続している。本研究の「太極道」という道教的現代霊性文化はまずそうした歴史的文脈の中に位置付けられる。しかし, その宗教的特徴は国仙道や大倧教といった道教系新宗教運動のそれとは大きく異なっていると当事者は認識している。それをもっとも端的に指示しているのが, 「太極呼吸法」である。この呼吸法とそれに基づく瞑想法は, 管見によれば, その思想=実践的体系においては, 唐代以降特に発展した中国道教における中心的瞑想法である内丹法と基本的に相似的であり, 韓国におけるその他の道教系新宗教運動で実践されているものもそれに準じている。韓国における研究では異論はあるが, 入唐留学生らによって朝鮮に伝承された歴史的経緯がそれを担保している。しかしながら, 太極道における太極呼吸法は, あらゆる内丹法の基礎実践である臍下にある下丹田を完全に作る, 中国道教で言うところの「築基」実践をそのスペシャルな方法によって成就させる点が, その他の現代道教の内丹法との差異を際立たせている。エネルギー法に分類されるこの瞑想法では, 吸入する空気内にあるとされる生体エネルギーである「真気」が, 実践者の意思(マインド)に先導されて下丹田に貯蔵されるのではなく, むしろその「真気」が意思に影響されることなく自動的に(自然に)下丹田に流入する。そうして下丹田に貯蔵された生体エネルギーを「回健術」という身体技法によって全身に行き渡らせる。本研究では「築基」の調査研究を中心に行なったが, 経絡という身体の生体エネルギーの通路を巡らせ, 「陽神」という真の自己を鍛錬し, 頭頂より体外に脱胎させるその後の過程についての解明について今後の課題である。
Although there is the theory of Korean central researcher that the history of the Korean Taoism ended in the 19th century, in view of Taoist new religious movements such as Dong-hak, Kuksun-do, Dat-jong-gyo, and contemporary spirituality movement = culture such as Dan-do and Ilchi brain, the history of the Korean Taoism continues even today. Taoist contemporary spirituality culture called "Tai-ji-do" ("the Way of Supreme Ultimate") of this research is positioned among such historical contexts. However, the informants are aware that their religious characteristics are quite different from those of the Taoist new religious movements such as Kuksun-do, Dat-jong-gyo. The "Tai-ji respiration method" is the most indication of it. According to the informants, this breathing method and the meditation method based on it are fundamentally similar to internal alchemy method which is a central meditation method in Chinese Taoism developed especially after Tang Dynasty in that thought = practical system. The practices of the other Taoist New Religious Movements in South Korea conform to it. Although there are objections in the study in Korea, the historical circumstances handed down to Korea by the international students in Tang prove it. However, "Tai-ji respiration method" in "Tai-ji-do" ("the Way of Supreme Ultimate") is to make the practice of "Laying foundation" in Chinese Taoism fulfilled by its special method, completely making the lower cinnabar field under the umbilicus which is the basic practice of every internal alchemy method.This point distinguishes the difference from other internal alchemy methods of Taoism. According to this meditation method classified as an energy method, "Ki-energy", a bioenergy which is considered to be in the air to be inhaled is not stored in the lower cinnabar field, led by the practitioner's intention (mind) , rather that "Ki-energy" automatically (naturally) flows into the lower Taneda without being influenced by the intention. Then the bioenergy stored in the lower cinnabar field is distributed throughout the body by the physical technique called "Kai-ken method". In this research, we focused on research on 'Laying foundation", but I will discuss about the subsequent process of the routes of bioenergy called meridian, and the making of the true self called" Yang god". It is a future task to clarify the problem.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 16:05:55  
作成日
Feb 21, 2019 16:05:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (512) 1st
2位 ネットワークにつ... (486)
3位 ドイツのSNS対策... (458)
4位 慶應義塾大学薬学... (430)
5位 新自由主義に抗す... (409)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (779) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (509)
3位 インフルエンサー... (508)
4位 楽天とアマゾンの... (487)
5位 アセトアニリドの... (361)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース