慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170166  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170166.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.2 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 583

Total downloads since Feb 21, 2019 : 583
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 石垣島・白保竿根田原遺跡出土人骨の形態学的研究  
カナ イシガキジマ・シラホサオネタバル イセキ シュツド ジンコツ ノ ケイタイガクテキ ケンキュウ  
ローマ字 Ishigakijima Shirahosaonetabaru iseki shutsudo jinkotsu no keitaigakuteki kenkyū  
別タイトル
名前 Morphological study of the human skeletal remains recovered from the Shiraho-Saonetabaru cave site, Ishigaki island.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 河野, 礼子  
カナ コウノ, レイコ  
ローマ字 Kono, Reiko  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡から出土した更新世の人骨資料についての研究を進めた。
まず, 個体識別が可能であった4個体分の頭骨のうち, 3個体分について, デジタル復元を完成させた。デジタル復元は, 第一段階としてもともと残存する骨の元の位置関係を再現し, 第二段階としては欠損している部分を残存する反対側を鏡像反転したり別個体の同一部位のデータを用いたりして補った。これらのデジタル復元作業の過程では, 随時3次元プリンターにて1/2サイズのモデルを出力し, 復元の状態を確認した。
デジタル復元が完成した3個体分の頭骨について, 実物の骨では計測できない計測項目について, デジタル復元結果を利用して推定値を求めた。これらのデータをもとに共同研究者と形態分析を進めた。さらに, このうち全身の保存のもっともよい4号人骨頭骨については, デジタル復元結果を3次元プリンターによって出力し, この上に標準的な軟部組織厚さを粘土で重ねて行く手法によって, 生前の顔貌の復元を試みた。この際には形態分析の結果を参考にし, 復元像を完成させた。復元像には, 鼻根部が強く陥没する特徴や, 顔面部が低く幅広である特徴など, 4号頭骨の形態特徴がよく反映された。この4号頭骨についての一連の研究過程を論文としてまとめ, 日本人類学会の機関誌Anthropological Science(Japanese Series)に投稿した。
また2016年から2017年にかけて複数の関係する研究者に依頼して沖縄の旧石器人骨の研究の現状を伝えるべく琉球新報紙に掲載した連載記事を, 同じくAnthropological Science(Japanese Series)誌の2017年12月発行の125巻2号に掲載した。さらに2018年4月から6月にかけて国立科学博物館にて開催される企画展に展示するべくデジタル復元頭骨のプリントアウトを作成するなど, 白保竿根田原洞穴遺跡出土人骨の研究の重要性を広く社会へ向けて伝えるべく努めた。
Three human skulls excavated from Shirahosaonetabaru Cave Site, Ishigaki Island, were digitally reconstructed. One of the three skulls (the Shiraho 4 individual) was further subjected to facial reconstruction using the digitally reconstructed skull model printed by 3D printer.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:16:03  
作成日
Feb 21, 2019 13:16:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (437) 1st
2位 新自由主義に抗す... (371)
3位 In-vivo kinemati... (303)
4位 石垣島の「エコツ... (292)
5位 Open-domain dial... (250)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (933) 1st
2位 酢酸エステル類の... (602)
3位 興味が引き起こさ... (499)
4位 インフルエンサー... (494)
5位 刑法における因果... (422)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース