慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA00260481-20180000-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA00260481-20180000-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :740.6 KB
Last updated :Sep 13, 2019
Downloads : 145

Total downloads since Sep 13, 2019 : 145
 
タイトル
タイトル Incomplete information and the lag between temporary and permanent employment adjustment : a cross-city analysis  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大野, 由香子  
カナ オオノ, ユカコ  
ローマ字 Ōno, Yukako  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Faculty of Business and Commerce, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 Zhang, Qinghua  
カナ  
ローマ字  
所属 北京大学  
所属(翻訳) Associate professor, Department of Applied Economics in Guanghua School of Management, Peking University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Society of Business and Commerce, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio business review  
翻訳  
 
53(2018)  
 
 
開始ページ 1(1)  
終了ページ 26(26)  
ISSN
04534557  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
It is well-observed that the growth of temporary help service (THS) employment tends to lead that of total employment over business cycles. Such a tendency, however, varies vastly across geographic areas. This paper provides an explanation to such variations from the perspective of information environment. A firm can observe only overall demand shocks and cannot contemporaneously distinguish long-lived shocks (e.g., business cycle shocks) from transitory shocks. The information environment the firm faces can be characterized by the average volatility of transitory demand shocks and that of long-lived demand shocks, which determine the degree to which the firm can infer the nature of an observed shock.
Our empirical findings show that a city with the greater volatility of transitory shocks has a longer lag between the permanent and temporary employment growth, if the timing of transitory shocks differ sufficiently across industries in the city. This possibly reflects that the greater volatility of transitory shocks makes the information contained in a contemporaneous shock noisier and makes firms to postpone adjusting permanent employment level in responding to the shock. In contrast, the greater volatility of long-lived shocks shortens the lag, possibly because it allows firms more readily identify the nature of the contemporaneous shock.
 
目次

 
キーワード
temporary help employment  

THS employment  

permanent employment  

incomplete information  

information extraction  

business cycle shock  

long-lived shock  

transitory shock  
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 13, 2019 10:32:59  
作成日
Dec 12, 2018 09:25:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 12, 2018    インデックス を変更
Jul 10, 2019    出版地 場所,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),抄録 を変更
Jul 10, 2019    プレビュー,本文,形態 を変更
Jul 10, 2019    著者,キーワード を変更
Jul 10, 2019    版 を変更
Sep 12, 2019    上位タイトル,上位タイトル 号 を変更
Sep 12, 2019    上位タイトル 巻,上位タイトル を変更
Sep 13, 2019    上位タイトル 号,上位タイトル 年 を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / Keio business review / 53 (2018)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (661) 1st
2位 ネットワークにつ... (497)
3位 組織市民行動が成... (459)
4位 もしも世界がみん... (342)
5位 アイドル文化にお... (339)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (988) 1st
2位 Instagram解析に... (421)
3位 ドイツのSNS対策... (416)
4位 中和滴定と酸塩基... (395)
5位 刑法における因果... (386)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース