慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26293193seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26293193seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :430.7 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 244

Total downloads since Nov 12, 2018 : 244
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル マイクロRNAによる心筋リプログラミングと分子基盤の解明  
カナ マイクロ RNA ニ ヨル シンキン リプログラミング ト ブンシ キバン ノ カイメイ  
ローマ字 Maikuro RNA ni yoru shinkin ripuroguramingu to bunshi kiban no kaimei  
別タイトル
名前 Cardiac reprogramming and miRNA  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 家田, 真樹  
カナ イエダ, マサキ  
ローマ字 Ieda, Masaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70296557
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々はこれまでに心筋リプログラミング遺伝子を導入することで直接心筋作製可能であることを示してきた。しかしリプログラミングの分子機構は不明であり, また転写因子のみによる心筋の誘導効率は十分でないなどの課題もある。我々は本研究で心筋マイクロRNAであるmiR-133が心筋リプログラミングをマウスおよびヒト細胞で促進すること, さらにその分子メカニズムとしてmiR-133がSnai1を直接抑制して線維芽細胞の形質を抑制し心筋誘導することを見出した。本研究は世界で初めて心筋リプログラミングの分子基盤の一端を明らかにした論文である。
Here we found that addition of miR-133a (miR-133) to Gata4, Mef2c, and Tbx5 (GMT) or GMT plus Mesp1 and Myocd improved cardiac reprogramming from mouse or human fibroblasts by directly repressing Snai1, a master regulator of epithelial-to-mesenchymal transition. MiR-133 overexpression with GMT generated 7-fold more beating iCMs from mouse embryonic fibroblasts, and shortened the duration to induce beating cells from 30 to 10 days, compared to GMT alone. Snai1 knockdown suppressed fibroblast genes, upregulated cardiac gene expression, and induced more contracting iCMs with GMT transduction, recapitulating the effects of miR-133 overexpression. In contrast, overexpression of Snai1 in GMT/miR-133-transduced cells maintained fibroblast signatures and inhibited generation of beating iCMs. MiR-133-mediated Snai1 repression was also critical for cardiac reprogramming in adult mouse and human cardiac fibroblasts.
 
目次

 
キーワード
再生  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26293193
研究分野 : 循環器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:09  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (984) 1st
2位 故意犯と過失犯の... (794)
3位 慶應義塾大学日吉... (724)
4位 731部隊と細菌戦 ... (456)
5位 新自由主義に抗す... (436)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (806) 1st
2位 刑法における因果... (747)
3位 インフルエンサー... (617)
4位 731部隊と細菌戦 ... (577)
5位 酢酸エステル類の... (565)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース